2009年06月29日

韓国料理は自腹では食べない!?

 韓国料理がどれだけ世界化しているかを知るには、米ニューヨーク・マンハッタン32番
街を見れば分かる。「韓国の道(Korean way)」と言われる32番街に入ると、両側には英
語とハングル文字の看板が掲げられ、焼き肉屋・冷めん屋・ソルロンタン(牛肉・牛骨の
スープ)屋などが立ち並んでいる。16年前の1993年、ニューヨーク・タイムズ紙のグルメ
評論家ルース・ライクル氏はこのコリアタウンで韓国料理のとりこになり、「韓国料理が
こんなにおいしいなんて、ニューヨークで人気が出ないはずがない」と評した。

 親切な従業員の案内でテーブルにつくと、キムチやナムルなどの副菜が6種類も出て
くる。炭火がセットされ、その場で肉を焼いて食べる。ライクル氏は、最後に次の通り書
き加えた。「韓国料理は牛肉・バーベキュー・自分で好きなものを選んで食べる楽しさな
ど、アメリカ人好みの要素をすべて持っている。ただし、ニンニクとトウガラシが好きでな
ければならないという“小さな壁”さえ乗り越えられればだが」

 ライクル氏はその4年後、再び次のように書いた。「韓国料理にはあらゆる人々が好む
味がある。砂糖・塩・トウガラシ…。新鮮かつヘルシーでコレステロールも低い。ところが
ニューヨークでさえ、この魅力的な料理は未だミステリーに包まれたままだ」

 ニューヨーカーはグローバルな舌を持っている。ニンニクは苦手だったが、これをたち
まち克服して中国料理にハマり、生魚を食べる刺し身やすしに恐怖を抱いていたが、今
や日本料理店はマンハッタンのブロックごとに一つはある。タイ料理屋も初めはひっそり
としていたが、急速に人気が広まっていった。

 24時間営業のコリアタウンで夜遅くにソルロンタンを食べ、「パジョン(ネギチヂミ)」をつ
まみに焼酎のコップを傾けたライクル氏は、この魅力的な料理屋に韓国系を除くアメリ
カ人は自分一人であることに気付いた。そして彼女は、韓国料理屋は韓国人客だけで十
分にやっていけることも知った。

 ライクル氏は、その例としてメニューを挙げる。「クル・パジョン(カキ入りのネギチヂミ)」
は新鮮なカキとワケギがふんだんに使われている「パンケーキ」。アメリカ人が大好きな
メニューだが、英語の名前は、「gul pajun(韓国語読みの英語表記)」となっている。その
後、「韓国ピザ」と表現した英語のメニューが登場したものの、アメリカ人は今も韓国料理
の英語メニューを見ながら「百科事典か暗号のようだ」と首を横に振る。例えば、「トガニ
タン(牛のひざの軟骨や肉を煮込んだスープ)」を「gelatin cow knee(ゼラチンの牛のひ
ざ)」と表記したメニューを見ても全く分からないし、「ヤンコプチャン(ホルモン焼き)」を
「grilled tripe(焼いた牛の胃)」と英訳したものを見ると、身震いがする。

 ニューヨークで長い間活躍している韓国人専門家は、「韓国料理がアメリカ人に定着し
ないのは、独自のビジネスモデルがないから」と指摘する。韓国人に韓国料理をおごっ
てもらったとき、アメリカ人が「おいしい」というのは特に意味がない。アメリカ人が自腹で
定期的に食べに来るようにしなければならないということだ。中国・日本・タイの飲食店に
はすでにこのビジネスモデルが定着しており、どの料理店もアメリカ人でいっぱいになる。

 不親切な英語の説明、デパート式メニュー、個性のないインテリアといった韓国料理店
の問題点は、アメリカ人を相手に商売しようと生き残りをかけて努力すれば解決できると
いうのだ。ニューヨーク市にある飲食店約1万8000軒のうち、ニューヨーク市の観光PR代
行会社のホームページで紹介されている韓国料理店は9軒。これに対し、日本食料理店
は76軒、中国料理店は25軒、タイ料理店は25軒だ。また、毎年ニューヨークを訪れる韓国
人が23万8000人と、アジア諸国の中では日本の次に多いことを考えても、韓国料理は十
分な扱いを受けていないことが分かる。

 ニューヨーク・タイムズ紙のグルメ評論家を経て、現在はフード専門誌『グルメ』の編集
長として活躍するライクル氏は今年初め、コロンビア・ジャーナリズム・スクールの学生を
対象にした講演で、「アメリカで次にブームを呼ぶのは韓国料理」と絶賛した。だが、現地
の人々を対象にした独自のビジネスモデルが築けない限り、韓国料理は残念ながら「未
完の大器」のままだろう。

ニューヨーク=朴宗世(パク・ジョンセ)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版(上) (下)



































(こんなに美味い残飯が流行らない訳がない)
(アメリカ人は唐辛子が嫌いに違いない)
(アメリカ人はニンニクが嫌いに違いない)
(砂糖、塩、唐辛子・・・なんでもマジェマジェだから好むに違いない)
(中華に寿司にタイ料理が流行ったんだからウリのも流行るに違いない)
(英語表記がおかしいに違いない)
(ビジネスモデルが間違ってるに違いない)

<丶`∀´> 最初から最後まで全て妄想と他人のせいにしてみたニダ


posted by クリケン at 18:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマータイム「日韓同時なら効果大きい」 麻生首相が日韓首脳会談後の記者会見で

サマータイム「日韓同時なら効果大きい」 首相

 麻生太郎首相は28日の日韓首脳会談後の記者会見で、夏に時計の針を1時間進める
サマータイム制度について「やるなら一緒にやるというのは極めて効果が大きい」と述べ、
日韓同時で導入すれば経済効果が大きいとの認識を示した。

 サマータイム制度は夏の日照時間の長さを活用するもので、温暖化ガス削減に効果がある
といわれる。首相は「韓国で議論がいろいろ進んでいることも知っている。
日本の対応を今後考えていきたい」と強調した。

 日韓首脳会談では7月1日の中小企業産業技術フォーラムや同3日の日韓中小企業
CEOフォーラムなどで産業協力を進めることを確認した。

日本経済新聞



























<ヽ`∀´> 2時間早くしてチョッパリを出し抜くニダ


posted by クリケン at 18:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「韓国は米国の敵対国」…『トランスフォーマー』主人公の冗談が波紋呼ぶ

「トランスフォーマー/リベンジ」の主人公、シャイア・ラブーフが冗談めかして
韓国を「敵対国」と表現して議論を呼び起こしている。

ラブーフは25日に米ABC放送のトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」に出演し、
「『トランスフォーマー/リベンジ』のプロモーションで世界を飛び回った。
ドイツ、コリア、ロシアなどすべての敵対国まで行った」とジョークを飛ばした。

これにややあわてた司会のジミー・キンメルは、「コリアとはどちらか。
もしかして北朝鮮のことか」と質問すると、ラブーフは「いや、韓国に行き、日本にも行った。
それだけ多くの国に行ったという意味だ」と説明した。

ラブーフの発言の入った映像が国内でも知られると、内外のネットユーザーは
互いに異なる反応を見せた。
「韓国がなんで米国の敵国なんだ」「ドイツとロシアはなぜ敵対国なんだ」
「いくら冗談でも放送で気軽に言うには不適切な発言だった」との意見が見られた。

しかし別のネットユーザーからは、「まじめな雰囲気ではなく、冗談を交わすような雰囲気で
軽く表現した言葉なのに、これに食いつくのは、われわれがあまりに敏感に反応したもの」
「心から言った言葉ではなく米国式のジョークなだけ」「国内のタレントが芸能番組で
いたずらっぽく毒舌を吐くように、ラブーフもそうしたもの」など、ラブーフの発言に
別に意味を持たせずやり過ごそうという意見も見られた。

中央日報





























<;`∀´>「美国は同盟国ニダよな?そうだと言って欲しいニダ」



posted by クリケン at 18:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の旅行業者ら久住山を下見登山

韓国の旅行業者や情報誌の関係者でつくる「ツーリズム・マウンテン・クラブ山岳会」
=ソン・ジュンヨン会長、約200人=の会員35人が28日、大分県の登山を組み込んだ
パッケージツアーを企画しようと、下見のため久住山(同県竹田市)に登った。

一行によると、韓国では健康志向の高まりを背景に登山が静かな人気を集めている
という。

この日は牧ノ戸峠(同県九重町)から山頂を目指し、約5時間後に下山した。ソウル市
に本社を置く旅行会社「ハナツアー」の日本事業部チーム長、金東信(キム・ドンシン)
さんも参加。「登山道が整備されていて登りやすい」「別府や湯布院温泉とか福岡の
街歩きと組んだツアーを考えたい」と話した。

登山に同行した大分県企画振興部観光交流班の直山たかし主幹は「韓国からの
お客さんが増えるきっかけになれば」と期待を寄せていた。

西日本新聞































    /\
  / == \    
/‖ @ ‖ \   ウェーハッハ
\   ==   /\  ∧∧  
  \韓国/   \< `∀´>       _,,-''"
    \/    ,,ノつ  つ      ,-''";  ;,
         ⊂,   ノ      -''"'; ', :' ;; ;,'
          "ヽフ ,,,,..-'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
       _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  
    _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     




<ヽ`∀´> 山頂で放火…じゃなくて…キャンプファイヤーするニダ


<丶`∀´> ヒャッハーッ!


posted by クリケン at 18:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許侵害訴訟:シマノに勝った韓国ベンチャー 社員8人の自転車変速機開発メーカー「MBI」

 忠清北道清州市興徳区に、緑色をした2階建ての仮社屋がある。社員は8人、このうち5人が
研究員というこの会社は、年間売上額が「0」であるのに、16件の特許を持っている。
自転車の変速機を開発している(株)MBIだ。

MBI社は現在、「戦争中」だ。相手は年間当期純利益が5000億ウォン(約380億円)、
社員5500人を擁し、自転車部品メーカーとして世界第1位の座にある日本のシマノ。
劉文洙(ユ・ムンス)技術顧問(55)は、「われわれは現在続いている特許戦争で当然、勝利する」
と語った。劉さんは自転車の変速機を開発してから15年になる。運動器具を納品していた劉さんは
ある日、自転車で通学する生徒らを見た。「外れたチェーンをはめ直そうと苦戦していた。
どうしたら子どもたちが簡単に自転車に乗れるかと悩んだ末、ペダルを逆に踏んでも前に進む
変速機を作ろうと考えた」

 劉さんは1994年、研究員3人と「世界産業」を作った。4人は毎日徹夜をした。1カ月に400万から
500万ウォン(現在のレートで約30万−38万円、以下同)が研究費として費やされた。
劉さんは「当時、(現代自の)ポニー1台の値段が400万ウォン台だった。6カ月間すべてを懸けて
研究に没頭した」と語った。ついに劉さんは、韓国製の鉄で作った正逆駆動変速機の開発に成功し、
97年には世界の発明大会に出品した。逆駆動とは、ペダルを逆方向に踏んでも前に進むという
意味だ。劉さんが開発した変速機は、ドイツや米国で準大賞や金賞を受賞し、技術力を認定された。

 劉さんは「発明大会で可能性を見いだした」と語った。優れた技術力で新しい変速機を開発すれば
世界最高になれる、というわけだ。劉さんと研究陣は、他社の変速機を大量に購入し、
欠点の研究に乗り出した。「何も怖くなかった。よちよち歩きを始めたばかりの会社が
50年、100年続く会社の製品を追い抜こうとしているというのに」

 3年かけて劉さんは、部品を一つの筒に納め、形がすっきりしてチェーンが外れにくい変速機を
開発した。劉さんはこの製品の特許を99年12月に出願し、サンプル2個を持って日本に渡った。
劉さんは「競争相手の日本のメーカーや自転車工場をめぐり、“あなたたちが50年間
改められなかった欠点を改善した”と言って回った」と語った。

 劉さんは「競争相手ではあっても、こちらの技術が優れているため、自尊心を捨てて契約を求める
企業もあった」と語った。およそ50年の歴史を誇る業界第4位の自転車部品メーカー、中野鉄工所だ。
劉さんは独占販売権にギャランティーを含め、5000万ドル(約48億円)を手にした。

 ほかのメーカーも劉さんにアプローチしてきた。劉さんはその企業と合弁することにし、
設計図面やサンプルを送った。数日後、「合弁はできない」という手紙が送られてきた。
劉さんは「ノウハウと技術をすべて教えてやったのに裏切られた。初めからそのつもりで
アプローチしてきたその会社を相手に、特許侵害と損害賠償訴訟を準備中」と語った。

 シマノが劉さんの特許出願技術と同じ技術で製品を作り、販売しているという事実も、
劉さんを混乱させた。劉さんは「シマノの変速機をチェックしてみると、わたしたちのものと
同じ原理だったためとても驚いた」と語った。劉さんの不幸はここで終わらなかった。
中野鉄工所に製品を納品するため生産ラインを整える過程で、資金難に直面した。
2004年、劉さんの会社は不渡りを出した。

 しかし劉さんはあきらめなかった。最後に劉さんは、ドイツのケルン部品ショーに出品する
ことにした。劉さんは「一度は国際社会に認められた製品なのに、簡単に倒れるわけにはいかない。
会社が生き残る最後のチャンスだった」と語った。幸いにも、ある企業が関心を示してくれた。

 当初5000万ドル投資するとの意向を示していたその企業は、劉さんの会社が不渡りを出したのを
知り、2000万ドル(約19億円)まで投資額を削った。劉さんは株主たちに選択を委ねた。
結局、株主は劉さんともう一度挑戦することにした。劉さんは05年3月に(株)MBIという会社を作り、
昔の中核研究員を再結集させた。大学で1年学び軍隊生活も終えた息子のユヒョクさん(26)も、
父親の仕事を手伝った。ユヒョクさんは「父親に引き留められたが、会社を助けるため、
学業をやめて仕事を始めた」と語った。

 劉さんは新たな技術を開発し、着実に準備を重ね、08年3月にシマノを特許権侵害で訴えた。
劉さんの特許の出願がシマノの特許より84日早いからだ。劉さんは「日本企業の影響力が小さい
ドイツで訴訟を進めることにした」と語った。

 シマノから訴訟を起こすという脅迫も受けた。各自の特許を認めないなら、逆訴訟を起こす
というわけだ。劉さんは「彼らは“自分たちは大企業”だと公然と脅迫した」と語った。
シマノの脅迫は、今年4月にMBIの勝利という形でシマノ側に跳ね返った。

 シマノが逆にMBIを訴えた裁判で、日本の特許庁はMBI側の肩を持った。
劉さんは「シマノから和解提案があったため、思い切って1兆ウォン(約761億円)と書いた。
これはシマノが特許技術で稼いだ金額の50%で、決して多い額ではない」と語った。

 劉さんは「今月9日にドイツで、“シマノはMBIの特許権を侵害していない”という仮判決が出たが、
これも問題ない」と話す。「裁判所が文書だけを見て性急に決定を下したようだ。
2審では機械関連の特許専門家が出て審査を行うため、100パーセントの勝算がある」と語った。

清州=キム・ソンミン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版(上) (中) (下)







































<丶`∀´>これで自転車大国に一歩近づいたニダ♪


話の流れは、既存特許A←(ここ重要)を使ってシマノが新製品と新特許Bを発明。
対してチョンは既存特許Aの表現を弄くって、コピー特許Cを作って申請
                  ↓
何故かコピー特許Cに認可が下りる、チョンそれを元にドイツでシマノを訴える
(シマノはウリ達のコピー特許を侵害してるニダ!) ←ここ重要
                  ↓
提訴を受けシマノが激怒(管理局の白い悪魔覚醒)
                  ↓
シマノが日本の特許庁に、チョンの特許は既存特許Aのコピーなので特許Cの無効を申請
                  ↓
無効申請受けチョンが特許内容を修正(権利の範囲等を修正)
                  ↓
修正したおかげでコピー特許Cは既存特許Aとは別物とみなされ、シマノの申請は却下(ここ重要且つ斜め上)
                  ↓
チョン、シマノの無効申請が却下されホルホル(この記事の事)
                  ↓
日本での結果を受け、ドイツではチョン敗訴
(敗訴原因は、シマノの製品と特許Bは既存特許Aを基にしているため
別物であるコピー特許Cを侵害していないため)(腹筋崩壊注意)
                  ↓
シマノ、チョンの息の根を止めるため、上告を検討中

posted by クリケン at 18:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の錦湖アシアナグループ、大宇建設を売却

 【ソウル=山口真典】韓国の錦湖(クムホ)アシアナグループは28日、
傘下で建設大手の大宇建設を売却すると発表した。近年の積極的なM&A(合併・買収)により
事業を急拡大したが「資金繰り悪化説」が浮上。景気回復を急ぐ政府の要求により取引銀行と
事業再編を進める契約を締結。先に決めた錦湖生命保険の売却に加え、
2006年に買収した大宇建設も手放すことを決めた。

 同グループは大宇建設の買収時に融資を受けた金融機関と、09年12月の株価が取得価格に
利回りを乗せた価格(約3万2000ウォン)を下回った場合に株式を買い取る契約を結んだが、
金融危機の影響などで大宇建設の株価は1万3000ウォン程度に低迷。
今年末の満期を控えて株式引き取りに巨額の費用発生が予想されるため、
3年という異例の短さで売却に踏み切ることにした。

 今後は主債権銀行である韓国産業銀行と売却方法の検討に入る考え。
聯合ニュースは「公開売却するか、産業銀がプライベート・エクイティ・ファンド(PEF)をつくって
引き受ける方法を議論するだろう」との見通しを示した。

日本経済新聞































         ..◇・。..☆*。
   ゜゜・*:..。.。★◎@ ○☆。..:*・゜
 ゜゜・*:..。.。◇@☆*・゜★。。.:*・☆*・。..:*・゜
。..:○★◎☆。∂∇。★◎*・゜゜。◎★
   ◎☆◇☆。*・.。..☆◎。.:☆◇*.....。
  ゜゜・*:..。.*・☆◎。__☆◎*・。..:*・゜ ゜
        \       /
          \    /
     . ∧_∧\ /
      ( ・∀・) ∞
      / つ つ △
    〜(   ノ
       しし'


posted by クリケン at 17:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中韓関係の未来とは?「対立する」との見方が圧倒的 中国側の83%、韓国側の64%が「ライバル」と回答―中国紙

中韓関係の未来とは?「対立する」との見方が圧倒的―中国紙

2009年6月、環球時報は中韓のネットユーザーが「中国と韓国は将来、
ライバルとなるのか、パートナーとなるのか?」との話題で激論を交わしていると報じた。
83%が「ライバル」と回答するなど対立感情の高まりが浮き彫りとなった。

26日、環球時報と韓国紙・中央日報は共同で中韓ネットユーザーの交流のための
ウェブサイトを開設した。「中国と韓国は将来、ライバルとなるのか、パートナーとなるのか?」
という話題が注目を集めている。27日午前8時時点で中国人ネットユーザー2215人が
ネットアンケートに投票、83%が「ライバル」と回答した。
韓国人ネットユーザーの投票でも64%が「ライバル」と回答している。

中国人民大学国際関係学院の金燦栄(ジン・ツァンロン)副院長は
「中韓の民間世論は感情的になっている」とコメントした。歴史問題のほか、
両国の経済発展段階が基本的に共通していることから起きている競争などが
その背景になっているという。しかし、中国は韓国最大の貿易パートナーであり、
また世界最大の韓国人留学生受け入れ国であるなど、両国関係は実際には
良好に推移しているとの見方を示した。(翻訳・編集/KT)

レコードチャイナ
























<丶`∀´>ライバルになりたくばウンコデモを天安門前で汁!



   ∧∧                  
  / 中\         ワンワン       
 (; `ハ´)                  
 ( ~_)) ~づ`''‐、,,,, ∧_∧ 
 | | |  〜(⌒<*`∀´> 
 (_)_)   し し し J 


posted by クリケン at 17:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国・李明博大統領、東京の五輪招致を積極支援

 韓国大統領報道官によると、李明博大統領は28日の日韓首脳会談で、
2016年夏季五輪の東京招致を積極的に支援する意思を表明した。(共同)

MSN産経ニュース

























     _____ ゴトゴト
  (( /     / ))
    ̄ ̄ ̄ ̄

    /~~/
    /  /     パカッ
   / ∩∧_,,∧
   / .|<丶`∀´>  ウリの出番ニカ?
  // |   ヽ/  
  " ̄ ̄ ̄"∪

      ∧_∧
     (・∀・#) バタン
    ミ∪__∪_
   /     /
    ̄ ̄ ̄ ̄


posted by クリケン at 17:52| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。