2008年07月29日

今、独島で空中戦が勃発したら…

F−15Kを準備した韓国が序盤は有利だが
イージス艦、空中早期警報統制機を打ち上げる日本に押される


独島(トクト、日本名・竹島)領有権問題で韓日間の雰囲気が悪化している中、日本がF−15J戦
闘機の改良を発表した。
中国を狙った日本の措置だが、独島は韓国領土であるにも関わらず、我を張る日本の軍事的な動
きのため、国防部もこれを敏感に注目している。
日本はこの間F−15J戦闘機で韓国空軍に圧倒的に優位な立場にあった。
しかし韓国空軍が2006年から最新鋭戦闘機のF−15Kを導入し、事情が変わった。

現在、韓国と日本空軍力を比較すると、序盤戦は韓国空軍が有利だ。
韓国空軍は年末になると、F−15K(40機)を稼働できるからだ。
シミュレーションで、独島で両国による空中戦が行われれば、最新コンピューター、赤外線探索お
よび追跡装置(IRST)、多機能特殊レーダーなどを装着したF−15KがF−15Jに比べ、多少有
利だ。
日本航空自衛隊のF−15Jは日本が多大な改良を行ってきたが、基本的に1980年代初めに生
産されたF−15C/Dを改造したものだ。

しかし戦闘時間が長引くほど、韓国が不利になる。
まず日本は探知距離が長い空中早期警報統制機(AWACS)を打ち上げ、韓国のF−15Kを先に
発見できる。
日本が保有している4機の空中早期警報機は350キロ離れている航空機を探知する。
そして、日本のF−15Jに装着されている空対空ミサイル発射を指示することができる。
韓国のF−15Kの戦闘条件が不利になるということだ。
韓国は2011年から空中早期警報統制機を導入する予定だ。
このような場合、韓国空軍が40機のF−15Kを減らしても、日本には相当数のF−15Jが残るも
のと予想される。
日本は203機のF−15Jを保有している。

日本海上自衛隊が保有している4隻のイージス艦も無視できない。
イージス艦は強力な航空機を迎撃できるため、側面支援が可能だ。
韓国海軍は、イージス艦では世宗(セジョン)大王艦の一隻しか保有していない。

韓国空軍はF−15Kがなければ、独島上空を防御する余力がない。
空軍のKF−16は作戦半径が短く、空中給油機がないため、独島上空に飛来しても、約5分で戻
らなければならない。
F−15K以外の韓国空軍の戦闘機は日本のF−2に比べ、性能が落ちてしまう。

中央日報





























問題点
@燃料の備蓄
A国の経済
B竹島上空を支配する戦略価値の無さ
Cアメリカに指揮権取られてる
D国民も兵士も朝鮮人


posted by クリケン at 17:43| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103817132

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。