2008年07月30日

北京五輪 日本選手団、建設現場で使うマスクを持参

 [東京 29日 ロイター] 北京五輪に参加する日本選手団は現地での大気汚染対策として、
建設現場などで使うマスクを着用する可能性がある。日本オリンピック委員会(JOC)本部ドクターの
赤間高雄・早稲田大教授(スポーツ医学)が29日に明らかにした。

 中国側は北京五輪期間中の大気汚染対策に自信を示しているが、同五輪に参加する各国・地域の
代表チームでは、現地でのマスク着用を検討する選手が増えている。

 赤間教授はロイターの取材に対し、以前に行った調査では、北京では大気中のほこりや粉じんの
量が多いことが明らかになったと指摘。こうした大気汚染に敏感な選手もいるため、日本選手団用に
防じんマスクの持ち込みを決定したとしている。

 日本は北京五輪に、選手339人を含む総勢576人という史上最多の代表団を派遣。
興研の使い捨て式防じんマスク500枚が用意される。

ロイター



























  ___
 / || ̄ ̄|| ∧_∧
 |  ||__|)<`Д´# > すぐにチョッパリよりもすごいマスクを用意するニダ!
 | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
 |    | ( ./     /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by クリケン at 16:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103871743

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。