2008年07月31日

李鍾祥画伯の日本での「独島絵画展覧会」中止〜日本ネチズン、会場のホテルに圧力

「独島(日本名:竹島)文化心機運動本部長」である一浪(イルラン)李鍾祥(イ・ジョンサン)画
伯(70・芸術院会員)が怒った。

来月末、東京ニューオータニ・ホテルで開かれる『アジアトップギャラリーホテルアートフェア200
8』(8月29〜31日)に独島作品10点ほどを出品する事にしたが、日本ネチズンたちの極烈な反対と圧力
の中で独島作品の出品が中止されたからだ。

「李鍾祥画伯、日本で独島絵画展覧会開く」と言う題名のスポーツ朝鮮報道(7月26日付け)がインター
ネットを通じて日本列島にいち早く伝えられた後、日本ネチズンらがニューオータニホテル側に「展
示が開かれれば、ホテルに乗り込む」と圧力を行使したというのだ。

結局ホテル側が28日、日本組織委に「違約金を払ってもホテルアートフェアに場所提供できない」と
態度を一変させた。これに驚いた組織委が韓国コミッショナであるファン・タルソン金山画廊代表に
連絡を取り、明くる日、日本組織委とホテル関係者、ファン代表などが会同して「国際的な美術行事
が中止されないように、独島の絵は省こう」と合意するに至った。

李画伯は「国際的なアートフェアで、作品素材を持って出品論難が起きたのは今回が初めて」と言い
ながら「芸術家が作品素材について外国人の干渉を受ける、なんて話にならない。日本の画家に富士
山を描くな、と言えば良いだろう。独島の絵をもっとたくさん描いてヨーロッパで展示するつもり」
と声を高めた。

李画伯を招待画家に決めた李イルヨン韓国美術センター館長は「国際的な美術行事が中止されてはい
けないため、仕方なく同意したが、なさけない。残念だ」と言う立場を見せた。

一方、日本ネチズンたちは清州市で日本小・中学生の絵画展示を無期延期した事などを例にあげなが
ら「芸術に政治色を加えたのははたしてどの国か」「韓国は芸術もだめで、ノーベル賞さえ受賞でき
ないし、何をしてもだめだ」などの意見をあげている。

イ・ファスン記者

スポーツ朝鮮(韓国語)
































          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  <  ふぅー、チョッパリネチズンも楽じゃないニダ…
  <ヽ`∀´>   \____________
  ( ̄ ⊃・∀・⊃
  | | ̄| ̄
  〈_ゝ_ゝ
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  <  何見てるニダ!
  < `∀´メ>   \____________
 ( ̄ ⊃・∀・⊃
 | | ̄| ̄
 〈_フ_フ ピョコ


posted by クリケン at 17:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。