2008年08月08日

フィリピン帰りの韓国人旅行客、飛行機が遅れたことに10時間抗議 謝罪と補償を求める

飛行機の遅れに抗議する韓国人旅行客がフィリピン・セブ空港で警備員らとトラブルになり、
一連の経緯に不満を持つ乗客が仁川国際空港に到着後、10時間近くにわたり航空会社に
謝罪と補償を求め抗議する騒ぎがあった。

発端は4日午後に乗客166人を乗せ、セブ島を出発する予定だったセブ・パシフィック航空128便が
大幅に遅れたこと。マニラからの機体到着の遅れが原因だった。この過程で、航空会社に
謝罪を求める乗客とセブ空港の警備員の間でトラブルとなった。警備員は拳銃をちらつかせて、
「静かにして早く乗れ」などと乗客を脅したという。

同便は予定の4日午後9時5分から7時間遅れの5日午前4時15分に仁川空港に到着した。
乗客らは到着するや否や、ターミナル内で航空会社の謝罪と補償を要求し抗議活動に入った。
乗客らは約10時間後の午後2時20分ごろ、航空会社から謝罪と補償の約束を取りつけて帰宅した。

李衛裁(イ・ウィジェ)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版





























<ヽ`∀´> < 今度は抗議に費やした10時間の補償を請求するため抗議するニダ


posted by クリケン at 17:20| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お金のためなら何でもするのね。短気さでは世界一です
Posted by 韓国赤字 at 2008年08月12日 05:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104411961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。