2008年08月21日

李大統領「どんな困難あっても法・秩序は守るべき」

【ソウル21日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領は20日、法治は非常に重要で
例外はないとし、「いかなる困難があろうとも法と秩序が守られる社会を作る」と強調した。
青瓦台(大統領府)で開かれたハンナラ党新任党役員との夕食会での冒頭発言を、
同党の車明進(チャ・ミョンジン)報道官が伝えた。
また、李大統領は夕食会の席上で、一部の最高委員らが中国で起こっている「反韓感
情」について懸念を見せたことに共感を示し、胡錦濤中国国家主席が訪韓すればこうした
部分についての誤解を解くと述べた。

一方、朴ヒ太(パク・ヒテ)ハンナラ党代表はあいさつの中で、「前回の党・青瓦台会合でも
経済を生き返らせるという初心を忘れまいと言い合った。初心を忘れず、経済再生という
歴史的な使命を党・青瓦台が協力して必ず成し遂げよう」と呼びかけた。

聯合ニュース





























<丶`∀´>法律で統治するニダ

<丶`∀´>ん?

<丶`∀´>もちろんウリが法律ニダ




posted by クリケン at 17:42| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
李朝時代の経済への再生は順調なようですねw
Posted by at 2008年08月21日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。