2008年08月21日

「黒人? 黒人はダメです」

外国人女性が多数出演しトークを繰り広げるバラエティー番組『美女たちのおしゃべり』(KBS第2テレ
ビ)の出演者で、エチオピア人の大学講師メザ・イシュトゥさんは、18日の放送で「韓国に初めて来た
とき、ある会社に履歴書を出したら“黒人なの? 黒人はダメです”と言われた」と涙を流した。

韓国に来て4年半というメザさんは、昨年9月からある大学の経営情報学部専任講師として教壇に立
っている。メザさんは「韓国では、“黒人なのになんで大学で教えられるの?”と言われる。韓国はひ
どすぎる」と言った。韓国語ができないエチオピア人の代わりに、メザさんが工場の社長に会うと、「黒
人の給料は、アジア人の給料よりもだいぶ少なくしている」と言われたともいう。オーストラリア人のコ
スティさんも「韓国の人たちは黒人が英語を教えていると、その授業を取らない」と韓国人の人種差別
を問題視した。

韓国人にも、貧しかったころ海外に働きに行き、差別の悲しさに耐えた時代があった。その韓国人が、
今は暮らしが豊かになったからといって、韓国よりも貧しい国の人々、韓国人と違う肌の色の人々を
見下すのは恥ずかしいことだ。京畿道利川市で冷凍倉庫の火災があったとき、死者40人のうち外国
人労働者は14人にも達した。彼らは安い給料をもらい、つらい仕事場で韓国経済を支えてくれている。
先進国の人々は、先進国によく見せようと努力する韓国人が東南アジア人や黒人を見下しているの
を見て、どんな気持ちを抱くだろうか。

韓国は1年間に3700億ドル(約40兆6300億円)相当の商品を外国に売る一方、韓国内に住む外国人
の数は100万人、全国民の2%を超えている。にもかかわらず、スイス国際経営開発研究所(IMD)は
「外国文化に対する開放性」の評価で韓国を「55カ国中最下位」としている。

国際結婚をして韓国に住んでいる東南アジア出身のある女性は、韓国での小学校生活によくなじん
でいた子供に「お母さんが学校に来てからいじめられるようになった」と言われた。同級生たちはその
子の母親が東南アジア出身ということを知ると、いじめるようになったというのだ。まだ幼い子供たちま
でもが人種差別や偏見に染まっていては、世界が一つの町、一つの家族のように混じり合い、暮らし
ていく未来の世界のリーダーとして成長してはいけないだろう。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版































未来の世界のリーダー

             ____
           /      \ 
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (_人_)     | < 9月で韓国は終わりますから
   ナイナイ  \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |


posted by クリケン at 17:49| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「10年後(ウリナラ時間)の」未来の世界のリーダー
Posted by at 2008年08月21日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105110302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。