2008年08月21日

北京五輪 「日本との準決勝、WBCの再現はない」

bd399700.jpg

「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の悪夢の再現はない」

最も危惧(きぐ)していたシナリオだ。しかし恐れることはない。選手らの士気がピークに達している
からだ。

北京五輪野球1次リーグを7戦全勝の1位で突破した韓国代表が、4位になった日本と、決勝進出を
懸けて22日に宿命の対決を繰り広げる。2006年のWBCで韓国は、予選で2度日本に勝利したが、
準決勝で敗れている。今回の北京五輪も、WBCと似た展開となっているため、憂慮の声が出てい
る。しかし、金卿文(キム・ギョンムン)監督および選手らはむしろ歓迎ムードだ。投手陣が健在で、
16日の日本戦勝利で自信に満ちあふれている。柳賢振(リュ・ヒョンジン)は準決勝の相手が日本
に決まると、「選手らは米国よりも日本のほうが楽な相手と見ている。パワーのある米国の打者よ
りも日本の打者のほうがくみしやすい」と自信たっぷりだ。

先発投手は、試合1時間前のオーダー交換まで分からない。ただ両チームとも左腕投手の登板が
予想される。韓国は特に問題がない限り、「日本キラー」金広鉉(キム・グァンヒョン)を先発させる
予定だ。金は韓国投手陣の中で唯一、日本戦に強い。

金は昨年11月、東京ドームで行われたコナミカップで中日を相手に、6回3分の2を3安打3四球1失
点で勝利投手となった。また16日の日本戦でも、金の150キロ台のストレートとスライダー、大きく
落ちるカーブに日本の打者らは、打撃ポイントを合わせるのに苦労していた。精密さで定評のある
日本のスコアラーも、金の投球フォームがきれいなため、クセを探し切れないでいる。

金は日本戦、5回3分の2を3安打1四球1失点と好投した。また三振を七つ奪うほど球威があった。
金は「日本の打者と相対したが、大したことないように思えた。抑える自信はある」と話した。

一方、日本の先発として有力視されている杉内俊哉は、韓国の打者に強さを見せていない。WBC
での韓国戦に登板しているが、1回3分の1を投げ1安打2四球2失点で敗戦投手となった。16日に先
発した和田よりも攻略しやすいものと思われる。ただし、今季公式戦では、7完投を含む9勝5敗、防
御率2.60と好成績を収めている。また今大会、日本投手陣の中で最も調子が良い。15日のオラン
ダ戦では、7回を4安打無失点と好投している。

それ以外の先発では、韓国戦で好投した和田、もしくは星野監督の公言通りならば、今大会最大
のカギを握る準決勝にエース・ダルビッシュが登板する可能性もある。

現地で中継を担当しているKBS放送のイ・ヨンチョル解説委員は「星野監督のスタイルから、杉内で
はなく和田が再び登板する可能性もあり得る。現在韓国選手らの意欲が非常に高いため、日本戦
ではきっと良い結果が得られるはず」と予想した。

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版






























     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ 反抗期やな。かわいいもんや。
  .しi   r、_) |
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i´


posted by クリケン at 17:52| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105110386

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。