2008年08月23日

ハンナラ党幹部ら:「中国の反韓ムード・嫌韓流は、ただごとではない。我が国のネチズン・TVはもっと中国に配慮を」

ハンナラ党の孔星鎮(コン・ソンジン)最高委員は21日、「最近起こっている中国人の反韓感情を、中国の
当局者たちも憂慮している」と語った。孔最高委員は党本部で開かれた最高委員会議で、韓中親善
協会の一員として最近中国を訪問した際に行なった賈慶林・全国人民政治協商会議議長、王家瑞・
共産党対外連絡部長、楊潔チ・外交部長などとの会談結果を伝えたうえで、このように述べた。

孔最高委員は、「今も中国のすべてのテレビで韓国連続ドラマが2・3個放映されており、北京大学
では李明博学講座が成功裡に行なわれていて韓国に対する期待が非常に大きかったが、オリンピ
ックを前後してこのような策略が発生していることに対して、中国当局者も心配している。中国人民
の反韓ムードに慎重に対処せねばならない」と指摘した。

孔最高委員は、「北京オリンピック開幕式のリハーサル場面が韓国のテレビ局で放映されたことで、
中国の努力を台無しにするものだとの反感が誘発されたのに続き、四川大震災についての(韓国)ネ
チズンの悪意的レスが火に油を注いだ。放送やネチズンは民間外交官として威力を発揮することも
できるのに、国家間の信頼を損なうようなことが発生しないよう、行動には慎重を期さねばならない」
と呼びかけた。

孔最高委員と一緒に中国を訪問した田麗玉(チョン・ニョオク)議員も、自分のホームページに掲載した文
を通じて、「私が会った多くの現地韓国人らは、最近になって(中国国内で)韓国が嫌って憎悪する
『嫌韓論』が深刻だとして少なからず憂慮している」と伝えた。

田議員は、「たとえばオリンピックで我が国の選手と日本の選手が試合をすれば、日本を応援する
そうだ」と紹介したうえで、その理由について「何よりも韓中ネチズンたちの間の根拠の無い噂に端
を発したネット論争のためだ。インターネットのレス一つ一つにも国際的常識に配慮し、他国・他文化
に気配りせねばならない」と注文した。

田議員は、「(嫌韓流の)本当の理由は、既に中国における韓国の利用価値が以前のようではない
ということだ。国際関係でも、必要なればこそ電話もラブレターもお金も行き来するのだ」としたうえで、
「中国との関係をどのように設定するのかが、我が国の大きな課題だ」と強調した。

聯合ニュース(韓国語)






























 おらおら、宗主国様が嫌韓になったら配慮かよ
 だったら日本の嫌韓にも配慮しろよ。この万年属国民が!
  ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧  ̄= )  ∧∧ 
      ( ・∀・)= ̄)  <`Д´;>__
     (入   ⌒= ̄_)) ⊃⊃  ./|
      ヾヽ  / ̄=/  /   /  |
      || ¬| ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄|
       ´  |      |   |      |


posted by クリケン at 15:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。