2008年08月27日

第2の外為危機来るか?〜「9月危機ない」というが為替は急上昇

韓国為替当局の強力な介入にもかかわらず連日上昇を見せた為替が結局1060ウォンをも超えました。
市場の流れに逆らう無理な市場介入は、外為保有額だけ浪費して第2の外為危機に瀕しかねないという
恐れが出ています。(中略)

先月初め、政府が大量にドルを投入して、しばらく安定した動きを見せた為替は、今月に入って再び
上向きに変わりました。結局、物価安定のために為替管理に乗り出した政府の対応が特に効果を得ら
れなかったわけです。これによって為替安定どころか、いたずらに外為保有額だけ浪費したのではな
いか、と言う批判が出ています。

中国と日本など全世界10大外為保有国のうち、今年に入って我が国だけ外為保有額が減少しました。
先月末現在、我が国の外為保有額は2475億ドルで、昨年末より146億ドル減りました。一方、外為保有
1位の中国は、昨年末より2806億ドル増えました。このままでいけば、97年の外為危機が再現される可
能性も否定できません。

来月、満期になる外為関連債券は、国債19兆、通貨安定証券9兆、会社債6兆など合計43兆にのぼりま
す。このなかで国債7兆4千億ウォン、通貨安定証券1兆2千億ウォンは外国人が保有しています。
問題は大部分の物量が来月9日と10日に満期到来になる点です。

もし外国人が約8兆6千億ウォンにのぼる債券の満期を延ばさずに、現金に換えるようになった場合、
深刻な問題が発生する可能性があります。現在、外国人たちは資金コストがもっと上がると予想して
おり、満期を延ばさない可能性が高いからです。

インタビュー:韓国投資証券チョン・ミンギュ首席研究員「現在の水準では外為保有額の不足という
程ではないが、もし続けて外為を浪費したら一番必要な時に不足するかもしれない。ドル買いを止め
なければ...」

もっと憂慮されることは銀行が海外で借りた外債の大部分が短期債券という点です。今年3月末現在、
我が国の対外債務は4124億ドルだ。このうちの半分近く(42.8%)が1年未満の短期外債です。これら債
券の満期が到来する場合、外国人が満期を延ばす可能性が高くないのが実情です。アメリカの金融不
安がヨーロッパと日本など全世界に拡散する姿を見て、現金を確保しておこうとする心理が強まって
いるからです。金融当局はこのような流動性危機の憂慮に対して心配する水準ではないと言っています。

金融委員会関係者
大部分の外国銀行の韓国支店が本店からお金を借りて来たのです。本店と支店間の取り引きと言う意
味です。ところが、それが韓国に入って来れば借り入れになるのですよ。これは結局、究極的に返さ
なければならない主体が、国内金融機関ではないという問題です。

外為保有額が2500億ドルに至って、外為危機を取り上げることは行き過ぎと言うことができます。
しかし、政府が為替利益追求を阻むために、外為保有額を浪費したら第2の外為危機が来るかもしれ
ない、と憂慮されます。

MTNイ・ジヤンでした。

マネートゥデー(韓国語)






























┌────────────────────────────────────
│ウリナラ外貨準備高   2,475億ドル : 昨年末比 ▼146億ドル
│ 
│ウリナラ対外債務..    4,124億ドル : 1,765億ドル(42.8%)が1年未満償還の短期外債

│9月償還予定の債券    外国人投資家保有分 9/9,10償還予定
│ 国債       19兆    ( 7.4兆 : 68.64億ドル )
│ 通貨安定証券  9兆    ( 1.2兆 : 11.13億ドル )
│ 会社債.      6兆
│ その他債券..   9兆
│     合計.   43兆

│      ∧_∧.   。 だめだコリア
│      ( ;´Д`) /   こんな状態がこれからず〜〜っとなのか? 対外債務は増える傾向だぞ?
└───.(    つ──
       | ̄ ̄ ̄ ̄| 


posted by クリケン at 17:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105512313

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。