2008年09月24日

漢字は東夷族が作った文字。我が国は漢字教育を堂々と推進すべきだ … 朝鮮日報コラム

■漢字教育

1893年に朝鮮侵略の事前踏査目的で(李氏)朝鮮を探った本間久介は、1894年から「二六新報」に
「朝鮮雑記」を連載した。最近翻訳された「朝鮮雑記」の中の「諺文と吏読」で、本間はハングルに
ついて、「巧妙に出来ているのは西洋のアルファベット以上だ。こんな文字を持っているのに、どう
してわざわざ日常の手紙にまで難しい漢文を使うのか」として、ハングルは中流以下でだけ使われ
ていると伝えている。彼は吏読についても、「朝鮮人は今これ(吏読)を使っていて、諺文の便利さ
を知らぬ者が多い」とする。彼はこれを「事大根性の表れか」とまで言うが、こうした言語習慣が朝
鮮の社会構造と密接な関連があるという事実は理解していなかった。

「世宗実録」は訓民正音について、「文字に関するものと本国の俚語に関するものを、どちらも書く
ことができる」としているが、「文字」とは漢字を、「俚語」とは吏読を意味する。「正しい音」という意
味の「正音」が示すとおり、世宗の「訓民正音」創製目的は表意文字である漢字の代替ではなく、
表音文字である正音との共存にあった。世宗は在位 29年(1447)、漢字音を正すために『東国正韻』
を編纂したが、申叔舟の書いた序文が「訓民正音が製作されて万口の一声は寸毫も違わないから、
実に音を伝える枢紐である」(訳注:原文「自正音作而萬口一聲毫釐不差、實傳音之樞紐也。」)
として、主に表音部分に重点を置いて説明しているのもこのためだ。しかし士大夫らが学問と政治
の独占のために漢字専用を続け、中人・吏胥らも中間管理者の地位を排他的に維持するために
吏読を専用したため世宗の表意・表音文字共存政策は失敗に帰し、ハングルは女子供と常民の
文字へと転落してしまった。

ソウル市江南教育庁が、小学生たちに漢字教育を実施するというが、世宗が失敗した表意・表音
共存の言語政策が蘇るわけだ。漢字は東夷族国家だった殷で作られたものだということを敢えて
強調しなくても、中国だけの文字ではなく東アジアの普遍的文字だった。そしてまた、現在国語の
純潔性を脅やかしているのは英語であって漢字ではない。漢字教育はもっと拡がらねばならない。

朝鮮日報(韓国語)


■江南の小学校で来月から「漢字教育」

来月から、ソウルの江南地域の小学校で漢字教育が実施される。これにより小学校での漢字教
育に対する賛否論争も再点火される見込みだ。

ソウル市江南教育庁は17日、教育庁特色事業として、今年10月から江南地域の小学校で漢字
教育を実施すると発表した。江南教育庁では、管内小学校を卒業すれば最低900字程度の基礎
漢字が分かるようにするという方針のもと、教材開発に出る計画だ。漢字教育は朝の自習時間や
国語の時間を活用したり、宿題として出される方式で進められる。また、文法中心ではなく単語を
理解することに焦点を合わせることにした。動機付けのため漢字検定試験や漢字コンテストを開催
する案も検討中だ。

このように江南教育庁が小学校での漢字教育に乗り出したのは、国語の70%が漢字熟語で構成
されており、意思疎通のためには漢字教育が必要だという判断によるものだ。

しかし、小学校での漢字教育に対する反論も強い。ハングルもまともに身についていない小学生に
漢字教育をすれば言語観に混乱をもたらす可能性があるので漢字教育は中学・高校段階で実施
するのが望ましいという声も強い。<後略>

韓国経済(韓国語)

























  ∧_∧∧∧
  <||i`Д/中 \ 
  (つl´゙(ハ´  )   また、おまえアルカ?
  | 'ヽ、     ノ
  ヾ ィ| | |
   ~".(_(_)



posted by クリケン at 18:01| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむ・・・。日本語でいう「ひらがな」を創ろうとしたのかなw

あ、つまり日程強占期の教育が、まさにハングル混じり文だ!

そして戦後、韓国の全教組は70年代に「漢字教育撤廃」を成し遂げ、そのハングル世代が現在では親となり子を育み、今の子供達はハングル2世代目として、完全に漢字を失っている(塾などで漢字を教えてはいる…らしいが)。

うわぁ。親子世代の断絶を、また繰り返すわけか。
Posted by 右に左に、ウォンさォン at 2008年09月24日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107076234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。