2008年09月25日

健康を軽視する韓国政府のメラミン対策

中国発のメラミン騒動が全世界に拡大している。台湾とシンガポールでは中国製乳製品を
使ったインスタントコーヒーとヨーグルトからメラミンが検出された。香港では中国から輸入した
ネスレ・ブランドの牛乳からメラミンが見つかり、関連製品の回収措置が取られた。
日本の食品会社も中国製乳製品が含まれた菓子の回収に乗りだした。アフリカのガボン、
タンザニア、ブルンジなどにも中国製乳製品の輸入を禁止する動きがある。

メラミンは肥料や合成繊維の原料として使われる工業用化学物質だ。人体に入ると腎臓
結石や腎炎を起こすことがある。中国の農家や中間業者は牛乳の量を見かけ上増やすために
水を混ぜた後、たんぱく質の含有量を高め、不合格判定を避けるために工業用のメラミンを
加えていたという。中国ではメラミンを含む粉ミルクを飲んだ乳幼児4人が死亡し、病院で治療を
受けた患者数が5万3000人に達した。香港でもメラミン入り粉ミルクで乳幼児二人が腎臓結石
を起こした。

メラミン入り粉ミルク騒動を起こした中国の三鹿集団には昨年12月から、粉ミルクを飲んだ乳幼
児が腎臓結石を起こしたという情報が寄せられたという。しかし、同社は乳幼児が入院する事態に
発展するまで調査を行わなかった。中国当局も北京五輪に支障が出ることを恐れ、
口を閉ざしていたが、9月9日になって事実を公表した。華麗な五輪開会式とは好対照を成す
中国の一面だ。

韓国の養殖業者では、今年4−6月に中国産イカ粉末を含む飼料を与えたナマズが白く変色する
「白化症」を起こす例が増えている。しかし、ナマズ400トンは既に飲食店に販売された。
農水産食品部は7月、養殖用飼料からメラミンが検出されたという届け出を受けてもそれを
黙殺していた。当局は中国でメラミン騒動が起きて初めて、調査を行うなどと働くふりをしている。

農水産食品部はまた、「中国で問題とされた22社の粉ミルク製品は輸入実績がない」と国民を
安心させようとするばかり。しかし、問題は粉ミルクだけではない。年初来中国から輸入された乳成分
入りのチョコレート、パンなど加工食品が308品目、1万3574トンに上った。食品医薬品安全庁は22日
になって初めて、加工食品に検査を拡大することを明らかにした。国民の健康を守るのではなく、
騒動が起きないことを願っているばかりに見える。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
































韓国で中国製品不買が始まる

不買によって宗主国様の反感を買う

中韓併合 ヽ(゚∀゚)ノオメー


posted by クリケン at 18:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。