2008年10月30日

「イエス・キリストは韓国人」で、中国の掲示板が“炎上”

c3f1b49f.jpg

中国でインターネットの掲示板(BBS)に「イエスも韓国人にさせられる運命から逃げられなかった」
とのタイトルで一連の写真が掲載されたことで(画像)、中国のインターネット・ユーザーが反発している。

写真の投稿者は、「捏造(ねつぞう)ではない。韓国内の神学校で生命の危険を冒して撮影してきた」と
説明。掲載されているのは、聖書にあるイエス・キリストの生涯の有名なシーン題材にした一連の絵画
だが、人々の服装はすべて韓国の民族服。風景や家屋も、すべて韓国のものだ。

同投稿への感想では「厚顔無恥」、「宇宙一の想像力」、「哀れな人々」、「宇宙創造のビッグ・バンも、
韓国人が実施した」など、非難や揶揄(やゆ)の書き込みが相次いでいる。韓国人を指す差別用語を
使っているケースもみられる。

ただし、「中国でも聖母マリアを中華風にしたことがある。現地化の一例にすぎない」、「絵画化しただ
け。韓国人と直接言っているわけではない」との冷静な意見もある。

中国では、韓国や韓国人を嫌う感情が高まっているとされる。ビジネスや留学で韓国人と接触する機
会が増えた結果、「はっきりした理由もなく、自国や自民族の優位性を強調する人が目立つ」(30代中
国人・男性)との声が聞かれる。

なお、上記中国人によると、「日本人も同様の発言をする場合があり、反感を覚えることがあるが、日
本人は根拠を示そうと努める傾向が比較的強いように思う」という。

韓国については、同国の研究者が「漢字を作り出したのは韓国」、「孔子は韓国人の血筋だった」との
説を発表したことが中国でも報道されたことも「反韓感情」を強めた。2005年に韓国の「江陵端午祭」
がユネスコの無形文化遺産に登録されたことでも、「端午節という中国の文化を横取りした」との反発
が強まった。さらに、韓国のテレビ局SBSが8月8日の北京五輪開会式のリハーサルを秘かに撮影し
て事前に放送したことでは、中国メディアを含め、猛烈な非難の声が上がった。

中国では、韓国メディアの朝鮮日報の報道として、ソウル大学の教授が「大量の史料を調べた結果、
イエス・キリストは韓国の血筋を引いていたことが判明した」と発表したと伝えられたことがある。
(編集担当:如月隼人)

サーチナ










































<丶`∀´>ウリナラのアガシやオモニは全世界で性母をしているニダ。w



<ヽ`∀´> 森羅万象すべてウリナラ起源ニダ!

<ヽ`∀´> え、根拠?知らんニダ。でも「根拠」の起源もウリナラニダ。








            ⊂⊃
           〇檀〇 ,!||!
          < ;`(ェ)´>
          / ∪ ∪
          (  ヽノ   
       ((( レ\_フ トボトボ


 ・・・って、シバラク見んうちに
   檀君エライやつてれるやないか

   ⊆⊇ そ!!!          @@  
  〃_ _ヾ          @@@@ ・・・担当しとるミンジョクがミンジョクじゃけえのう・・・
  ||;゚Δ゚||         (-∀-; )゙)
  /||ヽ / |ト         (つノノl)ノ


            ⊂⊃
           〇檀〇 ウウウ
          < ;`(ェ)´>
          / ∪ ∪
          (  ヽノ   
         レ\_フ ピタッ

あのミンジョク!!!
 ・・・良かれと思って手を打つと
   ⊆⊇             @@  
  〃_ _ヾ          @@@@  そう、必ず斜め上の行動で台無しにする
  ||;゚Δ゚||         (-∀-; )゙)      あのミンジョクでがんす・・・
  /||ヽ / |ト         (つノノl)ノ





            ⊂⊃
           〇檀〇 .,∴
          < ;`(ェ)´>・:*:.,∴ ゴフーッ!!
          / ∪ ∪. ,∴
          (  ヽノ   
         レ\_フ 

  吐血した━━━━━━━━━ッ!!!
   ⊆⊇             @@  
  〃_ _ヾ          @@@@  
  ||;゚Δ゚||         (-∀-; )゙) 
  /||ヽ / |ト         (つノノl)ノ

posted by クリケン at 17:46| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに古来、巫女は神の妻とされた。
神と婚姻する女=処女であり、すべての男の妻である。

そう、売春婦だ。
(神殿売春や、教会に住み着いた売春婦もいた)

つまり、誰の妻でもないこと(=神の妻)が
売春婦と定義するならば、
「アガシやオモニは全世界で性母」
これも、強ち間違いではない。

三段論法的に言えば、売春婦こそマリアである!
Posted by 阿部マリア at 2008年10月30日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。