2008年10月30日

韓国 株価が急激に下がり始めた先月以降、アルコール消費量増加

韓国のアルコール消費量増加 景気後退が影響か

景気不振が酒類の消費を底上げしている。29日に大韓酒類工業協会が明らかにしたところに
よると、今年に入ってから先月末までに韓国国内での焼酎の消費量は前年比5.1%、ビールは
5.3%、ウイスキーは4.4%それぞれ増加した。種類別では焼酎の場合、この期間に国民一人当
たり53本、計25億3605万本を消費した。1年前に比べると3本多くなったことになる。

ビールは29億3692万本で、こちらも前年比でおよそ1億5000万本増加した。一人当たりの消
費量も前年同期比で3本多い61本となった。不況が深刻になるほど消費が減少するウイスキ
ーも、昨年に比べると166万本(4.4%)多く売れた。株価が急激に下がり始めた先月以降、酒類
消費がさらに増加したことも、調査の結果明らかになった。

今年9月の焼酎の消費量は2億8242万本で、前年同期比で7.9%増となった。ビールも同じく6.9
%増の3億3434万本だった。一人当たりに換算すると焼酎は5.9本、ビールは7本となる。

朴淳旭(パク・スンウク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


































<ヽ`∀´> 飲まないとやってられないニダ。

<ヽ`∀´> 火をつける燃料にもなるニダ



株価下落
→イライラして気が短くなる
→酒に走る
→酔っ払って犯罪、もちろん素面でも犯罪
→犯罪者急増
→警察も犯罪を見て見ぬふり
→犯罪精神増長
→放火
→さらに株価下落
→以後繰り返し


posted by クリケン at 17:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108827193

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。