2009年03月13日

フィリピン カルデロン一家の強制送還を受け入れ、再同化支援をする準備がある

フィリピンのマニラで木曜日、外務省は日本で直面している比のカルデロン一家に対する強制送還を受け入れる準備がある
と述べました。声明は東京入国管理局が一家の娘、のり子さん(13歳)を残すか残さないかを決めなければ強制収容し国外
退去処分にすると表明した後に出されました。

エステバン・コネホス・ジュニア・フィリピン外務省移民労働担当次官は、木曜日に声明の中で「日本国法令の適用に関連して
同国で実施されている手続きに沿って、外務省および関連機関はカルデロン一家に対しフィリピン社会への再同化支援を含む
人道的、そのほかの援助を行う用意がある。」と述べました。

入国管理局は、一家に対するそれらの暫定的な滞在は2008年11月以来4回延長されていて、もはや延長できないとしています
が、一方でのり子さんに対しては日本語しか話せないことから「人道主義の根拠」に基づき在留を許可するとしています。

1990年代前半に両親が他人名義のパスポートを偽装して入国した後に、のり子さんは1995年に日本で生まれました。
彼女は現在、埼玉県の蕨市の中学校に通っています。

伝えられるところによれば、6年間、日本の教育を受け日本語しか話せない子供を強制送還する事は「薄情である」と考えられて
おり、入国管理局は、子供が既に中学生以上の場合には特別在留許可を不法滞在家族の子供に与える傾向があるとしています。

2006年以来、フィリピン人の家族は、一家で一緒に残れるように日本政府に働きかけてきましたが最高裁判所は去年の9月に
請願を棄却しました。エステバン・コネホス・ジュニア・フィリピン外務省移民労働担当次官によると、フィリピンの外務省は
カルデロン一家のケースを「密接にモニター」していると述べました。

また、「東京のフィリピン大使館も在留資格の問題を抱える家族に連絡しています。」と、彼は言いました。

日本入国管理局によると、1月現在、およそ11万3072人の不法な在留外国人がいます。

フィリピンの海外調査委員会は、2007年、202、557人のフィリピン人が日本に在留していることを示しましたが、そのうち何人が
不法滞在者かについては言及しませんでした。

2007年に、約7,388人の外国人が特別在留許可を取得しており、2008年には3万9382人が強制送還されています。

GMANews







































    (.`ヽ(`> 、                      /''''''   ''''''::::::\
     `'<`ゝr'フ\                  +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                   |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
  ________________________
 │旅│不│不│不│判│弁│在│募│母│偏│偽│同│
 │券│法│法│法│決│護│日│金│国│向│名│情│
 │偽│入│滞│就│無│士│支│詐│軽│報│使│作│
 │造│国│在│労│視│赤│援│欺│視│道│用│戦│



posted by クリケン at 17:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。