2009年04月21日

フィリピン モーターショー主催者、不評の中国車を必死に弁護

2009年4月17日、フィリピンの英字紙Philippine Daily Inquirerは、「マニラ国際モーター
ショーの主催者は中国車のために弁護する」と題する記事を掲載。このほどドイツの衝突安
全テストで0点という史上最低点を取るなど、何かと話題の中国車のフィリピン市場への参入
状況などを紹介した。環球時報が伝えた。

記事によると、フィリピンで車といえば、米国、欧州、日本のいずれかのメーカーのみが
信頼を獲得しており、それ以外の車、例えばヒュンダイやキアなどの韓国車でさえ「韓国
メーカーの中古車は危険」「造りが雑」などと、10年以上にわたって低評価を受け続けてきた。

このようなフィリピン市場に、中国車メーカーは車の基本機能があれば満足する「入門者」
をターゲットに参入を試みており、4月2日から行われた「マニラ国際モーターショー」にも
出展した。ショーでは中国車が多くの注目を集めるよう主催者側の配慮があったにもかかわ
らず、モーターファンから批判を浴びるなど、必ずしも好評価を得られなかった。

主催者側のある責任者は「中国車がデザインや技術を真似ず独自開発したことに対しても
一部の人は評価せず、逆に批判している。そんなに信用できないのか?これでは昔の韓国車
のケースと同じではないか」と中国車を弁護した。

また、別の関係者は「中国政府も車の安全性と品質の確保に対しバックアップしている。
メーカーも以前のように低価格だけをアピールするようなことは無い」とし、「努力を続け
るメーカーは歓迎を受けるべきだ」とこちらも中国車の擁護に必死だったという。
(翻訳・編集/HA)

レコードチャイナ

































エゴぎじゅちゅなら、満載ニダ。
  ∧_∧
  < `∀´>     n
 ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//


posted by クリケン at 13:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117856222

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。