2009年06月26日

双竜自動車 スト対デモ 労組はソウルに乗り込み座り込み、協力会社や代理店は工場でスト反対デモ

双車労組はソウルで、職員らは平沢で双龍車職員、
協同会、代理店協会など平沢工場でストライキ中断要求

双龍車労組と汎国民対策委および家族対策委員会などは25日の午前ソウル、光化門(クァンファムン)
政府庁舎の前で記者会見を行って、テント座り込みを試みたが警察の鎮圧で失敗した。

彼らは記者会見を通じ"会社側の暴力挑発が強まり、警察も公権力の投入を検討している切迫した状況
のため、最後の手段として上京闘争を始めた"とし"道路で直接市民らに会って政府が露呈交渉に出る
ことを促す"と明らかにした。

イ・ゾンタク双龍車汎国民対策委政策チーム長は"記者会見を終えた後、政府庁舎の前にテントを
たてようとしたが、警察がテントを押収し、当初計画したテント座り込みは失敗した"とし"今日の午後に、
政府庁舎の前や向い側の公園に、またテントを用意する計画だ"と話した。

金属労組組合員400人余りも午後2時から汝矣島(ヨイド)産業銀行本店の前で決議大会を開き、双龍車に
対する公的資金投入を促す予定だ。

一方、双龍車の職員と部品協力社の集いの協同会、代理店協会関係者など7500人余りはこの日の
午後3時30分から、ストライキ中断およびラインの正常稼働を促す'3者共同決議大会'を平沢工場で開催する。

双龍車のある協力会社代表は"すでに数回政府と報道機関などに、ストライキの深刻性を知らせてきたが、
労使両側は相変らず平行線となっている"とし"苦しい心の20万の協力会社職員らの声を、再度伝えようと
再度集まることになった"と話した。

彼らは対国民要請文を通じ、"20万人の協力業者の役職員らとその家族らは双龍車のストライキで生存に
脅威を受けている状況"とし"共倒れ式の玉砕ストライキが続けば双龍車は門を閉めるほかはない"として
労組にストライキ中断を要求した。

彼らは行事が終わった後、平沢工場の各ゲートに集まって、ストライキ中断を促す決議大会を開き、
工場周辺を行事参加者全員が巡回する計画だ。

マネートゥデイ(韓国語)





































ストしてやるニダ!  ヤッてみろニダ!
  ∧労∧          ∧経∧
 <ヽ`田´>⊃       <`田´ >
 /つ  /       r‐、 ⊂   て)
/   〈       {__  ̄   く
(,,./'"ヽ,,)         ̄ ̄\_)


 ・・・ウリら      ・・・経営再建中ニダ
  ∧労∧          ∧経∧
 < `д´ > チラ     チラ< `д´ >
 (    )         (    )
 | ||         || |
 (__)_)        (__(___)


リストラするなニダ!    デモしてやるニダ!
   ∧労∧            ∧経∧
  <ヽ`田´>⊃         <`田´ >
  /つ  /         r‐、 ⊂   て)
  /   〈         {__  ̄   く
 (,,./'"ヽ,,)           ̄ ̄\_)


 ・・・経済援助      ・・・技術援助
  ∧労∧          ∧経∧
 < `д´ > チラ     チラ< `д´ >
 (    )         (    )
 | ||         || |
 (__)_)        (__(___)




韓国人の仕事=スト
韓国人の趣味=デモ


☆双竜自動車 これまでの流れ

経営悪化で、上海汽車に身売り

営業効率が上がらず、赤字が累積

上海汽車がリストラを含む効率化を要求

労組がリストラに反対、資金ショートで倒産

上海汽車が経営権を手放す

民事再生に伴い、再生計画を作成しなくてはいけない。

大規模リストラを含む再生計画を策定する。

反対スト 工場機能停止 (リストラするな、国と債権者、株主が救済資金を出せ)

下請けや代理店が、リストラ反対ストに反対するデモ開催→いまここ

posted by クリケン at 17:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。