2009年06月29日

中韓関係の未来とは?「対立する」との見方が圧倒的 中国側の83%、韓国側の64%が「ライバル」と回答―中国紙

中韓関係の未来とは?「対立する」との見方が圧倒的―中国紙

2009年6月、環球時報は中韓のネットユーザーが「中国と韓国は将来、
ライバルとなるのか、パートナーとなるのか?」との話題で激論を交わしていると報じた。
83%が「ライバル」と回答するなど対立感情の高まりが浮き彫りとなった。

26日、環球時報と韓国紙・中央日報は共同で中韓ネットユーザーの交流のための
ウェブサイトを開設した。「中国と韓国は将来、ライバルとなるのか、パートナーとなるのか?」
という話題が注目を集めている。27日午前8時時点で中国人ネットユーザー2215人が
ネットアンケートに投票、83%が「ライバル」と回答した。
韓国人ネットユーザーの投票でも64%が「ライバル」と回答している。

中国人民大学国際関係学院の金燦栄(ジン・ツァンロン)副院長は
「中韓の民間世論は感情的になっている」とコメントした。歴史問題のほか、
両国の経済発展段階が基本的に共通していることから起きている競争などが
その背景になっているという。しかし、中国は韓国最大の貿易パートナーであり、
また世界最大の韓国人留学生受け入れ国であるなど、両国関係は実際には
良好に推移しているとの見方を示した。(翻訳・編集/KT)

レコードチャイナ
























<丶`∀´>ライバルになりたくばウンコデモを天安門前で汁!



   ∧∧                  
  / 中\         ワンワン       
 (; `ハ´)                  
 ( ~_)) ~づ`''‐、,,,, ∧_∧ 
 | | |  〜(⌒<*`∀´> 
 (_)_)   し し し J 


posted by クリケン at 17:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122475696

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。