2009年06月30日

ベトナム 中国企業が違法を承知で本国から連れてきた労働者182人を強制送還〜中国・韓国企業への監視強化を発表

中国企業が違法を承知で本国から連れてきた労働者182人を強制送還―ベトナム

2009年6月25日、ベトナム紙はドンナイ省のセメント工場で働いていた
中国人違法労働者182人が中国に強制送還されたことを報じた。
26日、環球時報が伝えた。

近年、ベトナムでは中国人を中心に違法労働者の問題が注目されている。
先ごろもアルミニウム工場建設を請け負っていた中国企業6社が違法に
中国人労働者を雇用していたとして罰金を科された。

ベトナムの法律では管理職及び技術者には労働ビザが発行されるが、
通常の労働者にビザが下りることはまずないという。
しかし法律を守らず自国から労働者を連れてくる企業が多いとして、
ドンナイ省の管轄部門は中国、韓国企業への監視を強化すると発表した。(翻訳・編集/KT)

レコードチャイナ






























>中国、韓国企業への監視を強化すると発表した。


<丶`Д´>< シナーの事件でウリ企業まで監視するとは人種差別ニダ!!!!!



posted by クリケン at 17:42| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122536611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。