2009年07月10日

世界があきらめた難工事、韓国が成し遂げた 双竜建設、52度傾いたシンガポールのホテルの骨組み工事完成

双竜建設、52度傾いたシンガポールのホテルの骨組み工事完成

世界の有名建設会社が困難だとしてあきらめた工事を双竜(サンヨン)建設が成し遂げた。予定よりも
工事期間を短縮し発注元からインセンティブまで得られることになった。

8日午前にシンガポールの新興中心街のマリーナベイにある高級総合リゾート「ザ・マリーナ・ベイ・サンズ」
の工事現場では、マリーナベイ・サンズホテルの骨組み工事(55階)完工式が開かれた。双竜建設が
建てているこのホテルは「入」の字の形の3つのタワーが特徴だ。

タワー内東側の建物が最高52度の傾斜で西側の建物と地上23階でつながる。このホテルはイタリアの
ピサの斜塔(傾斜角5.5度)より10倍近く傾いている。

こうした傾斜型の建物が建てられるのは前例がないため、工事入札段階で日本の清水建設をはじめ
世界的な建設会社は受注をあきらめた。

双竜建設の金錫俊(キム・ソクジュン)会長は、「既存の工法を利用するのではなく、双竜建設の独創
的なアイデアで難しい工事を終わらせたため意味もより大きい。高品質の建築物を早期に建て発注元
から数百億ウォンのインセンティブまでもらえることになった」と話す。

双竜建設の工事額は6億7000万ドルだ。

中央日報





























<丶`∀´> 実はまっすぐに作っていたニダ
       途中からナジェか歪んだニダ

<丶`∀´>構造計算!?なにそれ!?


<丶`∀´>倒壊する頃には当社は倒産してるニダ
<丶`∀´>そう言う無責任な構造計算なら得意ニダ



posted by クリケン at 12:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123201948

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。