2009年07月15日

中国の新聞が載せた怪しい投書…「ウイグル偏向WSJ購読しない」→中国当局の自作自演では、中国ではWSJ定期購読など無理

 中国新疆ウイグル自治区での暴動発生後、中国の国内メディアは連日、「暴動は分離勢力による
計画的な陰謀」と繰り返し主張し、中国当局の対応の正当性を宣伝している。一方で、当局を非難
した在外ウイグル人組織の主張を伝える外国メディアに、「ウソつき」「中国への敵意に基づく報道」などと
徹底批判している。

 ネットなどで話題となっているのが、中国共産党の機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」が最近掲載
した、「私が2度と(米紙)ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を読まない理由」と題する投書。北京
在住でWSJ紙を10年以上購読しているという筆者は最近、同紙のウイグル暴動に対する「無知と偏向
に満ちた報道」に「我慢ならなくなり、ついに解約した」そうだ。さらに、ウイグル人に同情的な同紙を「もはや
テロリストの代言者となった」と切り捨て、「私はWSJを購読するすべての中国人に『もうドルの無駄遣いを
やめよう』と言いたい」と訴えている。

 投書は地方紙にも転載され、「中国人読者の素直な気持ちを代弁している」として大々的に紹介
されている。しかし、投書は読者が寄せたものではなく、当局によるやらせではないかとの疑惑がネットで
浮上している。厳しい情報統制が敷かれている中国では、一般市民がWSJ紙を10年間も購読する
ことはまず不可能で、中国では同紙のホームページすら開けない。普通の中国人は同紙の「無知と偏向
に満ちた報道」を知るよしもないのが実態だ。

 昨年3月のチベット騒乱の際にも、欧米メディアの“誤報”を批判する北京市民が自主的に立ち上げた
とされるウェブサイト「アンチCNN」が話題となった。「情報収集能力があまりにも高すぎる」として外国
メディアの間では、「半官製サイトではないか」と疑問視された。

MSN産経ニュース






























(-@∀@) 当社が開発した手法に読者投稿欄を使うってのが・・

(; `ハ´) ・・・あれはお前達が書いてるアルカ?
       まぁいいアル、やってみるアル。

>中国では同紙のホームページすら開けない

(; `ハ´) 愚民どもに見られなくしてあったことを忘れてたアル・・

(-@∀@) 言わないこっちゃない。
       コツがありましてね、無知で無力な一般市民を装って・・

(# `ハ´) ・・・・もう黙るアル


posted by クリケン at 16:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123557326

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。