2009年10月22日

中国ブログ 帰国して10年以上になるが日本のラーメンが忘れられない。日本人の魂が凝縮した食べ物だ

中国人ブロガーの「公爵竹舍(ハンドルネーム)」さんはこのほど、かつて留学していた日本での「忘れられない味」に
ラーメンとカレーライスを挙げ、中でもラーメンについては「日本を離れてもう10年以上になるが、
本当に忘れられない味だ」などと熱く語り、注目を集めている。

当時、留学生だった「公爵竹舍」さんは、「自分が留学して間もなかったせいもあるだろうが、
刺身やうどん、北海道のかにの味などには全然興味がなかった。それらで腹を満たすことはあっても、
それらへの食欲はわかず、食べたくて食べる、ということはなかった」と語り、10年前の日本食は、
自分にとって「何かが足りなかった」と振り返った。

しかし、ラーメンについては「日本人の魂が凝縮した食べ物」と大絶賛、
「薄味をよしとする日本食の中で、味の濃いラーメンは労働者の活力を支える異色の存在だった」と分析した。

また、「一杯の酒と一杯のラーメン、これが日本の高度成長を支えた」とまで称し、
ラーメンが「日本のソウル・フード」として、街を行き交う人々に憩いの場を提供した、などと独自に位置づけた。

このほか、日々変化を遂げる日本のラーメン事情や、日本でのラーメン店の多さと「愛され具合」、
自身がおいしいと思った有名ラーメン店のメニューなどを続々と紹介、「上海にもラーメン店はあるが、
日本の麺のコシや喉ごしの良さにはかなわない」などと「ラーメン通」ぶりを示した。(編集担当:金田知子)

サーチナ





























<丶`∀´>そこで辛ラーメンニダ


posted by クリケン at 18:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130930021

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。