2009年10月24日

中堅5カ国「VISTA」、BRICsに迫る成長力

 国際通貨基金(IMF)の最新経済予測に基づくとベトナムなど「VISTA」と呼ばれる
中堅5カ国の2010年の国内総生産(GDP)成長率が平均で3%を超える見通しとなった。
金融危機の影響が相対的に小さいうえ、個人消費をけん引する若年層の人口比率が高いため。
BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く成長地域として国際企業による市場開拓が
一段と進みそうだ。

 VISTAはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの5カ国の頭文字を
並べた造語。BRICs経済研究所が将来的に高成長が見込める地域として提唱した。IMFの最新の
「世界経済見通し」によると、VISTA5カ国の10年の経済成長率は単純平均で3.4%。BRICs
4カ国の平均5.1%には及ばないが、いち早く成長軌道に戻る姿が鮮明になった。BRICs経済研の
門倉貴史代表は「VISTA5カ国はいずれも資源が豊富で外資の導入にも積極的。労働力人口が多く、
中産階級が台頭しているという共通点もある」と分析する。

nikkei net






























G8 BRICs VISTA



<丶`∀´>・・・。


posted by クリケン at 15:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。