2009年10月27日

土下座祭り

新見市新見、船川八幡宮に江戸時代から伝わる市重要無形民俗文化財
「御神幸武器行列」(土下座祭り)が15日行われ、市中心部を「下にー、下に」と
厳かに練り歩いた。

1697(元禄10)年に初代新見藩主となった関長治が、同八幡宮の祭礼で
行列を仕立てたのが由来とされ、見物客は姿勢を低くして迎える習わしがある。

青竹を持った先払いを先頭にやり、鉄砲、弓などを携えた64人が同八幡宮と、
約1・5キロ離れたお旅所を往復。沿道の市民らは清めの砂を盛り、ござなどに
座って見守った。

行列に続いて6基のみこしなどが勇壮に練り、同八幡宮では
新見税務署の特別許可を得て造られたどぶろくが振る舞われた。

山陽新聞































   ∧_∧ 
  ( ´∀`)   ∧_∧
  (    )  .<`Д´ #,,>
  | | |  (( l|lll|lll| (⌒,)
  (__)_) と<   とノレ
          ∨ ∨ Σ ガンガンガガガン…
posted by クリケン at 17:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131316859

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。