2009年11月11日

外国人参政権〜「違憲」の疑い論議尽くせ

民主党内で、永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で今国会に提出しようと
する動きが起きている。同党の山岡賢次国対委員長が自民党の川崎二郎国対委員長に
これを伝え、「場合によっては、党議拘束なしで(採決を)行いたい」とも述べた。

しかし、この法案は選挙権を国民固有の権利と定めた憲法15条に違反する恐れがある。
国民の主権を脅かしかねない法案であるにもかかわらず、それを党議拘束なしに採決
しようというのは、あまりにも乱暴である。

しかも、民主党は今夏の衆院選に向け、永住外国人への地方参政権付与を党の政策集
に掲げていながら、マニフェスト(政権公約)から外した。マニフェストにないものをなぜ
急ぐのかも疑問だ。

この問題で、民主党内には、小沢一郎幹事長ら推進派の議員が執行部に多いが、中堅・
若手議員を中心に慎重論も根強い。法案提出の前に、まず党内で憲法問題などの議論
を尽くすべきだ。

連立与党の中でも意見が分かれている。社民党は外国人参政権付与に賛成の立場だが、
国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「在日外国人の比率が非常に高い地域が
ある」などと慎重論だ。

推進派の鳩山由紀夫首相も先の衆院予算委員会で「強引に押し通そうとは思っていない」
と答えた。平野博文官房長官も9日の会見で、党内論議の必要性を強調した。当然である。

在日韓国人ら永住外国人に地方参政権を与えようという動きは、この問題が「国の立法
政策に委ねられている」とした平成7年2月の最高裁判決を機に強まったといわれる。だが、
判決のその部分は拘束力のない傍論の中で述べられたものにすぎず、本論部分では、
憲法93条で地方参政権を持つと定められた「住民」は「日本国民」を意味するとして、
外国人の参政権を否定している。

韓国で今年2月、公選法が改正され、2012年以降、在外韓国人が韓国の国政選挙権を
持てるようになる。もし、日本で外国人に参政権が与えられれば、在日韓国人らは二重の
選挙権を持つことになる。この点からも、外国人への参政権付与は問題である。

外国人が参政権を得るためには、やはり日本国籍を取得すべきだ。国政選挙であろうと
地方選挙であろうと、参政権は国民にのみ与えられた権利なのである。

MSN/産経ニュース































   多文化共生社会


    ∧∧        モグモグ…        クチャクチャ
   / 中\      ∧_∧        , ,   ピチャピャ
   ( `ハ´)、ペッ  (;´Д`)    Λ_Λ ', ' ' ペチョペチョ
   (つ▽=⊂)    ( つ▽=○  <;`Д´〆○  
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ▽  ̄ ̄


posted by クリケン at 17:02| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132631605

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。