2010年01月13日

「外国人参政権」法案が国会へ…韓国人の見解は?

 政府・与党は18日招集の通常国会に、日本の永住外国人に地方選挙権を付与する法案を提出する方針を決めた。

 韓国では聯合ニュースを始め、主要メディアがこれを速報で報じている。東亜日報では、
平野博文官房長官が法案提出方針を表明した12日の会見の様子や、小沢一郎民主党幹事長の
発言を伝えた上で、「連立与党内には賛成派が多数存在するため、外国人参政権関連の法案が
国会に提出さた場合は可決される可能性が高い」としている。

 これに対し、韓国人はどのように見ているだろうか。
 韓国人ブロガーの「SAKU」氏は、「提出するといっても民主党内にはまだまだ反対意見が多いようだ」
と現段階では難しいとする見解を寄せる。
 しかし、「このような政府の動きは、アジア外交を重視する現政権の特色をよく見せている」とし、
今後も外国人参政権の議論が活発に行われれば、今国会は難しても在日同胞に参政権が与えられるのは
時間の問題だと述べている。

 このほか、「永住外国人に参政権を与えている国は多い。日本でも今回の法案が通ってくれたらいい」
「日本は島国だから、政治的な面ではとても保守的だ」
「党内でも反発がすごいようだ」といった意見が寄せられているものの、メディアでの報道量に反して
市民の反応は比較的少ないように感じられる。

 一方、参政権付与の対象者は、朝鮮国籍を持つ在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の
在日朝鮮人は対象外となる見込みだ。
 政府は法案で参政権付与の対象を、「日本と国交のある国家の国籍を持つ者とそれに準ずる地域出身者」
と限定するためだ。
 また、地方参政権が付与されても、地方自治体の長および地方議員に立候補することができる
被選挙権は認められない。(編集担当:新川悠)

サーチナ



























  /.支\
三( ` ハ ´ )
    ̄ ̄ ̄


<`∀´> <`∀´> <`∀´> <`∀´>
 U U   U U   U U   U U

<`∀´> <`∀´> <`∀´> <`∀´>
 U U   U U   U U   U U

<`∀´> <`∀´> <`∀´> *:.。. .。.:*
 U U   U U   U U  *・゜゚・*


__          __
  \      /V  |  |\
    |      |     ̄.  |
\  |      | ./ ̄\  |
   ̄        ̄      ̄
                 ┃

                 凸


■EUの失敗例から学ぼう。地方参政権を与えたらどうなったか。

・少ない票を集中させるため、特定地域に外国人が集中する。
・その地域で外国人の数が現地人の数に匹敵するようになる。
・地域の議会が外人で過半数になる。
・議会が無茶苦茶な法案を通しまくり、現地人逆差別状態になる
・現地人との確執が深刻化、衝突が起こり始める
・現地人がその地域から逃げ出しはじめる
・地方債を発行しまくり中央政府と衝突しはじめる。
・職も住む場所も奪われた現地人がキレて大規模暴動が発生する。(フランス、オランダ等)
・犯罪発生率が以前の数十倍になり、地域ごとスラムとなる

posted by クリケン at 22:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138223315

この記事へのトラックバック

韓国 外国人参政権
Excerpt: で、本当は? | いよいよ、日本国民に牙を剥く小沢民主党 外国人参政権などという憲法違反の法案をどうして民主党は出そうとするのか?(以下問題点を述べ)党大会で反対論をいうべきではないか。どんな事情が..
Weblog: 最新のニュース記事てんこもり。
Tracked: 2010-01-14 07:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。