2010年01月13日

中国人が見た日本 池袋チャイナタウン、まずは都の許可を受けるのが先では?

2010年1月11日、中国のブログサイト・捜狐博客に東京・池袋のチャイナタウン構想について考察した、中国人
ブロガーによる記事が掲載された。以下はその内容。

2年前に在日中国人企業家を取材した時、池袋のチャイナタウン構想を聞いた。恐らく横浜だけでは足りない
と思ったのだろう。理由はどうであれ、東京のこのような繁華街に中華街を建設したいと考えるのはごく当然
のことだと思う。中華文化を日本で大いに発揚させるには、中華街の建設が最良の方法だと考える人もいる
ようだ。

だが、実現させるには冷静にやり方を考える必要がある。東京にチャイナタウンを建設して良いかどうかを
決めるのは、石原慎太郎都知事だ。中国人ではない。許可を受けるには、都や地元の利益につながるかどう
かが大きなカギになる。反対に中国在住の外国人が、「米国街」や「日本街」を建設したいと言ったらどう
か?中国政府は彼らが勝手に建設することを許さないだろう。

在日中国人の参政意識は在米中国人と比べ、かなり低いと感じる。在日70〜80万人に対し、在米は数百万人。
数の違いも関係あるだろう。在日中国人の中には、参政=自分たちの意見を通すことだと考えている人もい
るようだが、これでは孤立を深めるだけ。外国人は排斥されているなどと言う資格もない。まずは現地社会
に溶け込むこと。簡単な道理ではあるが、中国人にとっては「言うは易く行うは難し」といったところか。
(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ






























<丶`∀´>おまいらこういう意見を聞いてだまされるなニダ
<丶`∀´>あっちは策略でこういう記事かいているニダ



<`∀´>やはり策略などない猪突猛進のウリが一番ニダ!

posted by クリケン at 23:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。