2010年01月21日

「韓国文化はすべて盗作」「韓国人が世界文明を創造した」〜インターネットに流れる歪曲動画

韓国の歴史と文化は周辺国を盗作したもの、と主張して韓国と韓国人を侮辱する動画がインター
ネットに出回っている。

動画検索サイトYouTubeには「All Your Culture Are Belong To Us(お前らのすべての文化は私た
ちのもの)」という題名の動画が上がっている。

4分19秒のこの動画はビデオゲーム「ゼロ・ウイング」の画面をパロディにして作られたもの。対象
に照射すれば全てのものをそのままコピーできる「文化盗作光線(Culture Plagiarize Beam) 」を発
明した韓国人が登場して「世界のすべての国の文化は韓国のもの」と主張する内容だ。

動画で韓国人は儒教、漢字、歌舞伎など周辺国の文化遺産を盗作して自分のものだと言い張る
存在として登場、その主張は英語が下手で毎回間違った文章表現で描写される。韓国人が自動
車を発明し、‘忍者’もまた韓国が元祖という内容が出てくる。

この動画をあげたユーザーは「韓国人が行う盗作の主な犠牲者は日本だが、最近ではその魔手
(evil hands)が中国にまで及んでいる。全人類にこれを警告するために動画を作った」と書いた。
二万六千人以上が見たこの動画には460を越えるコメントが付いている。「(動画の中の)ぶさいく
な韓国人の顔がぞっとする」、「韓国人らはなぜそのように歪曲された歴史観を持ったのか」、「韓
国人らはいったい学校で何を習っているのか」等、韓国と韓国人を侮辱する内容が大部分だ。

1分55秒の「Korean are stealing Manchu's Koguri history」(韓国人が満州の高句麗の歴史を盗ん
でいる)’も「現代の韓国人は高句麗と血縁関係が薄くて、高句麗の血統を受け継いだのは‘満州
(Manchu)’」として「歴史泥棒もうやめろ」と主張している。「Korean history - Cultural Plagiarism
(韓国歴史-盗作の文化))では「韓国人の盗作に対して‘ノー(No)’と言おう(Say No to Korean
Culture Plagiarism)」という内容を見ることができる。

このような動画を再生すると横に現れる「関連動画」リストでも似た動画を簡単に探すことができる。
この中には韓国人でない人物を韓国人と言ったり他の国を韓国の土地だと紹介して、あたかも盗
作を日常的に行う韓国人が他の文化圏の遺産を自分のものと主張するかのように皮肉るものもある。

「Korean Created the World`s Civilization」(韓国人が世界文明を創造した)というタイトルの映像で
は古代中央アジアで突然現れた韓国人が黄河、インダス、シュメール、エジプトなど世界主要文
明を建設したという内容が字幕に出てくる。「America was Korean Territory」(米国は韓国の領土で
あった)には「アラスカは‘アスラ’という高句麗領土だったが、日本が歴史からその名前を消した」、
「米国を発見した古代韓国人はそこに渡って米国の原住民になった」という内容もある。

この他にも「日本は韓国の土地だった」「ジンギスカンは韓国人だった」「韓国人が飛行機を発明し
た」「韓国人は現代科学技術の起源」「イエスは韓国人だった」等のタイトルをつけた動画を簡単に
探すことができる。

酷く韓国を侮辱したり、韓国の歴史を歪曲する動画も深刻な水準だ。「韓国はなぜ日本に負けるし
かないのか」(Why Koreans Always Lose to Japan)という映像は「韓国人らのおばあさんは、日本
軍の慰安婦だったから、今の韓国人は日本の血統」としながら「おばあさんに尋ねれば知ることが
出来るだろう」と主張する。

この他にも独島(ドクト、日本名:竹島)が韓国領土であることを知らせる団体バンク(Vank)を「韓国
政府の支援を受けるサイバーテロ団体」と描写したり、「後れて貧しかった韓国が1910年の韓日
合邦を通じてやっと発展することができた」と主張する動画も堂々と歩き回っている実情だ。

朝鮮日報(韓国語)































   __
   |___ミ⌒ヽペタン
     |  ⌒)ノ ペタン
 .   ノ )   ((  ウェーハハハハハ
  <`∀´>  ( 嘘ヽ
  |__|  | ̄ ̄ ̄|
   /  > . |     |
 """"""""""""""""""""



posted by クリケン at 17:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。