2006年04月27日

独裁者遊園地「スターリンランド」 順調に建設中

スターリン復権か “独裁者遊園地”建設順調

 【モスクワ=内藤泰朗】ソ連の「赤い神」として君臨した独裁者スターリンの殿堂を今夏、ロシアのシベリアに開く準備が進んでいる。この“独裁者遊園地”とも呼ぶべき「スターリンランド」の建設は、地元の旅行業者が観光の目玉にしようともくろんでいるとされるが、プーチン政権がお墨付きを与えているスターリン復権運動とも重なってみえる。
 ロシアの日刊紙イズベスチヤなどによると、「スターリンランド」構想が持ち上がっているのは、若き革命家スターリンが帝政末期に流刑に処されていたクラスノヤルスク地方トゥルハン地区のクレイカ村。地元で旅行会社を経営するポノマリョフ氏が最近、州都クラスノヤルスクで開かれた旅行博覧会で、州都から約1800キロ離れた同村にソ連時代に建設され、その後放置されてきたスターリン廟(びょう)を復興させると発表したことから明らかになった。

 この廟は、スターリンの偉業を誇示するために、存命中の1940年代後半に着工し、50年代初めに完成したが、スターリンの死後、独裁者の個人崇拝を批判したフルシチョフ元ソ連共産党第一書記によって閉鎖された。高さ10メートル、広さ400平方メートルの廟は、ロシア最大級のスターリン関連施設だという。

 ポノマリョフ氏はすでに、高さ3メートルのスターリン像の建造を発注。8月にはオープンにこぎ着けたい考えだ。さらに、スターリンがエニセイ川沿いで暮らした丸太小屋を復活させ、当時の生活の様子を再現するなど、順次、施設を拡張し、「スターリンランド」とする計画だ。地元政府の承認も得たという。

 計画推進派は「政治的な意図は一切なく、純粋なビジネスである」と強調するが、民主派からは「ドイツでヒトラーランドが建設されるのと同じで、あまりに不道徳な計画だ」と反発の声が上がっている。

 ロシアでは、血の大粛清を主導したスターリンを、大祖国戦争(第2次世界大戦のロシア側呼称)を勝利に導き、超大国を築いた「偉大な指導者」として、その業績を再評価する動きが進んでおり、同計画もスターリン復権への一歩といえそうだ。




≪スターリン復権の動き≫


 ロシアでは、血塗られたスターリンの功績をたたえ復権させようという動きが急速に進行している。超大国への復活という願望が高まり、ナチス・ドイツに勝利しソ連の国土を史上最大に広げたその功績を再評価しようという声が強くなっているためだ。肖像や関連施設の建設だけでなく、スターリン関連のテレビ番組やイベントも企画され、強国復興を目指すプーチン大統領も「全体主義との戦いに勝利し世界を救った強い指導者」としてスターリンを評価している。

産経新聞



<丶`∀´> そうだっ、金日成ランドを造って外貨を稼ぐニダ!

毛沢東ランドもいいアル!! (`ハ´  )
posted by クリケン at 12:02| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時計 電池 ロレックス 買取 http://www.miumiuequipment.asia/
Posted by ロレックス 買取 at 2013年07月28日 05:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17095855

この記事へのトラックバック

超過速度的にFXで資産を10倍にする計画とは?
Excerpt: 毎朝30分の株式投資で毎月50万円稼ぐ!銘柄選びから売買のタイミングまで、効率よく儲けることができる秘策を伝授します。
Weblog: 超過速度的FX資産10倍計画
Tracked: 2006-04-28 15:56

独裁者遊園地(産経)
Excerpt:  4月27日付産経新聞2面の記事によると、ロシアのクラスノヤルスク地方トゥルハン地区クレイカ村でスターリンの殿堂「スターリンランド」が今年の夏にオープンするとのこと。  どうだっていいです。スターリ..
Weblog: 乳頭おじさんのニュース解説
Tracked: 2006-04-29 10:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。