2006年06月24日

W杯 トーゴ、韓国戦の‘国歌事故’に書面謝罪要求〜パカ駐独大使「士気を低下させた」

トーゴ側が、韓国戦でトーゴの国歌の代わりに愛国歌(韓国国歌)を2度流したワールド
カップ(W杯)組織委員会に謝罪を要求した。

16日(日本時間)のドイツ有力紙フランクフルト・アルゲマイネ・ツァイトン(FAZ)
によると、トーゴは外交的経路を通じて組織委に対し、‘国歌事故’の書面謝罪を要求した。

パカ駐独トーゴ大使はドイツ通信社DPAとのインタビューで、「国歌事故はトーゴ選手
団とファンの士気を低下させた」とし、「しかもこれは全世界が見守る状況で起きたこ
と」と述べた。

パカ大使は「組織委は口頭で現場で謝罪したが、トーゴ国民にこれを伝えるには書面で状
況を説明しなければならない」とし、「さらに後に演奏されたトーゴ国歌もリズムが違っ
た」と不満を表した。

組織委は直ちに公式的な謝罪意思を表明し、トーゴ側の書面謝罪要求に応じる考えを明ら
かにした。

中央日報











フリン環境相
アハーン首相
フーン国防相
マンゴウ大佐
コラー司法・警察相
ローション環境相
コカン外相
アホ首相
バカーチン元内相
オバサンジョ大統領

バカ駐独大使





|,,∧
|Д´> 誰がバカニダ!
O)
|ノ
posted by クリケン at 09:26| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19762436

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。