2006年06月24日

W杯 オフサイドだろ?釈然としないアリソンド主審の判定は、韓国サッカーの決勝トーナメント進出の夢が断たれる瞬間だった

Image4.jpg

「今のはオフサイドじゃないの?」。主審の釈然としない判定もあり、ワールドカップ
(W杯)2大会連続16強の夢は消えた。

2006ドイツW杯1次リーグG組最終戦が行われたハノーバーW杯競技場。韓国代表
は0−1とリードを許した後半32分、スイスのマルガイラスの瞬間的なスルーパスで
左サイドを突かれた。

その瞬間、オフサイドフラッグが上がった。しかし主審のアリソンド(アルゼンチン)は
プレーをそのまま継続させ、フライがGK李雲在(イ・ウンジェ)と1対1の状況になり、
追加ゴールを決めた。

副審のオフサイドフラッグを見た守備手らがプレーを止めた後に決められたゴールだった。
スイスのゴールが宣言された瞬間、韓国選手らは主審と副審に駆け寄り一斉
に抗議したが、判定は覆らなかった。

なぜオフサイド判定が主審に認められなかったのか。競技場の電光版でリプレーされ
たゴール状況を見ると、マルガイラスがパスしたボールは、韓国選手のつま先に当たっ
て方向が変わり、フライに渡った。

副審はフライの位置を見てフラッグを上げたが、主審は韓国選手のつま先に当たって
フライにつながったと判断し、プレーを継続したのだ。

チョ・クァンレ解説委員は「緩和されたオフサイド規定によるゴールと考えられる」とし、
「スイス選手がパスをする瞬間にはオフサイドの位置にいたが、韓国選手のつま先に
当たった状況なので主審はオフサイドを認めなかったようだ。主審の裁量としか言い
ようがない」と説明した。

しかしパスが出た瞬間、すでに副審のフラッグが上がった状況だったため、主審の
判定は残念でならない。

前半42分にも、李天秀(イ・チョンス)のCKがペナルティエリア内でスイスDFミュラー
の手に当たったが、主審はハンドを認めなかった。ボールに当たった瞬間、ミュラーの
両手は体から離れていなかったということだ。

釈然としないアリソンド主審の判定に韓国サッカーの決勝トーナメント進出の夢が断た
れる瞬間だった。

中央日報





DFの不用意なバックパスです。

ついでに2-0なので決勝点でもありません。


     ┌─┐
     │+│ スイス!スイス!
     └─┤  
     _ _ ∩
   ( ゚∀゚)彡 ∧_∧
┌─┬⊂彡 ☆)))Д´> アイゴ〜
|+|   パーン
└─┘    パー






∧_∧     ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(    )∧_∧     ) | ウリが負けるとは重大な民族差別ニダ!
(    < #`д´>    )< これはFIFA会長の陰謀ニダ!
| | (つ   つ | | .| フランスとスイスは謝罪と反省と賠償と……
(_)_ (⌒)(⌒) _)_) ..| 何をするニカ!
        ズルズル    | まだ話は終わって無いニダ!G組2位は大韓(ry
                 \_________

                 .∧ ∧G組?お前は負け組だ!イッテヨシ!
                 (゚Д゚ ) ̄ ̄ ~〜
                 U U ̄ ̄U U

試合後に文句を言うのはスポーツマンらしくない

        by韓国協会幹部:フランス戦後コメント
posted by クリケン at 11:36| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19765539

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。