2006年09月20日

タイで軍がクーデター、戒厳令発令、政権掌握を発表〜「民主主義を守るため」タクシン首相は急遽帰国決定

■タイで軍がクーデター 戒厳令、政権掌握を発表
 【バンコク19日共同】
 タイで19日、軍によるクーデターが発生、タイ軍高官は19日夜(日本時間同)、
軍がタクシン首相の権限を掌握したと語った。首相は同日首都バンコク全域に非常
事態宣言を発令したが、クーデター派の軍は20日未明、全土に戒厳令を宣言した。
このためクーデターが成功した可能性がある。

 AP通信などによると、バンコク中心部の主要拠点に数100人の兵士が配備され、
戦車が首相府を封鎖した。

 AP通信はタイ軍高官の話として、ソンティ陸軍司令官が軍部隊を使ってクーデター
を起こしたと伝えた。タイのテレビ各局は19日、通常の番組が中断され「軍と警察が
首都を掌握した」との静止画が流れている。

 また首相は、ソンティ司令官を解任し、ルアンロー国軍最高司令官を非常事態の
責任者に任命すると発表した。

 陸軍系テレビ、チャンネル5は、通常の番組から王室を称賛する番組に急きょ切り替えた。

 国連総会出席のためニューヨーク入りしていたタクシン首相は急きょ帰国を決めた。
首相は非常事態宣言発表の中で「この国の民主主義を守るためだ」と述べた。

 タイでは、首相一族の株不正取引疑惑などをめぐり、首相への批判が激化、首相は2月、
下院を解散。4月の総選挙では主要野党のボイコットで、与党が過半数を得票。しかし市民
団体などの抗議行動が収まらず、首相は同月4日、次期首相指名は受けないと表明した。

 その後、当選者不在の選挙区で再選挙が行われたが、再び当選者が確定しない選挙区
が続出。プミポン国王がタイの政治状況を「非民主的」とする異例の介入を行い、憲法裁が
選挙のやり直しを命じた。

 やり直し選挙は10月15日に予定されていたが、新たな選挙管理委員の選出に時間が
かかったため、11月に延期されるとの見通しが強まっていた。

共同通信
















猿でも分かるタイの現状

国王→いいかげんにゴダゴダをなんとかしてほしいです(><)

タクシン→支持率低いけど首相がしたいです(><;

タクシンのとりまき→いいかげん勘弁してほしいです(><;

野党→タクシンはやめてほしいです(><)

軍隊→タクシンじゃダメぽ(><)

都市部→タクシンいらないです(><)

農村部→どっちでもいいです(><)






1932年に立憲君主制に移行後、未遂を含め今回が17回目のクーデターだそうです。
posted by クリケン at 08:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。