2006年11月15日

未確定のインド国境地域 中国が「我が国の領土」−ブータンの安全保障に直結

中国の胡錦濤国家主席によるインド訪問を目前に控え、中国の孫玉璽・駐インド大使が13日、
両国間で国境が未画定のインド北東部アルナチャルプラデシュ地方について「すべて中国の
ものである」とテレビ番組で発言した。

これに対し、インドのムカジー外相は14日、「(同地方は)インドの不可分な一部」と述べ、
同大使発言に不快感を表明。同地方のシン州知事も「中国のごう慢な交渉姿勢だ」と述べた。

中印両国は1962年に大規模な国境紛争を起こした。2005年4月、国境問題早期解決の方針
で合意したが、アルナチャルプラデシュの帰属は両国の緩衝であるブータンの安全保障に直結
するなど戦略的に微妙な問題をはらみ、胡主席訪問でも解決は困難とみられている。

読売新聞





























  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

ジャイアニズム発動中
posted by クリケン at 11:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27520183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。