2006年11月20日

中国牽制へ「民主連合」〜日米豪の連携目立つ

 ベトナムの首都ハノイで開催されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)が19日、終了したが、
一連の会議では高度経済成長を背景にアジア太平洋地域で台頭する中国に対し、日本と米国、
オーストラリアの3カ国が連携してあたる場面が目立った。APECは、地域間の枠組みとしては日米豪
3国が揃って参加する唯一のもの。来年の議長国は豪州だけに、APECにおける“民主連合”が連携
する動きがさらに加速しそうだ。

 日本が参加するアジア太平洋地域の多国間枠組みとしては、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3
(日本、中国、韓国)や、東アジア首脳会議(ASEAN10カ国、日、中、韓、インド、豪州、ニュージーランド)
があるが、いずれも米国は枠外に置かれている。ASEAN地域フォーラム(ARF)には米国も参加しているが、
同フォーラムは安全保障問題をめぐる各国の意見交換の場にすぎない。

 従来、日米豪3カ国は世界貿易機関(WTO)の新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)をめぐる立場が異なり、
ドーハ・ラウンドの再開を最優先課題に掲げるAPEC内では微妙な関係にある。ただ、今回のAPECでは
「3カ国が連携して取り組む場面がかなり増えた」(APEC関係者)という。

 まず、知的財産権保護をめぐって、海賊版や模倣品の製造・流通段階での排除を目指したガイドラインが
策定されたが、海賊版・模倣品対策は中国などで問題となっている分野で、「ここ数年、日本と米国が
イニシアチブを取って中国を指導してきた」(同)。中国が反対していた、政府機関によるソフトウエアの不正
使用禁止についても合意にこぎ着けた。

 北朝鮮問題でも外相レベルの日米豪戦略対話を開催するなど、北朝鮮に関する声明の取り扱いをめぐって
足並みをそろえた。APECの機能強化でも3カ国の共同歩調が目立った。

 これらの問題で日米豪と異なる立場に立っていたのが中国だ。中国は近年、高度経済成長を背景に域内で
存在感を強めており、ASEANプラス3や東アジア首脳会議で日本と利害対立する局面が増えている。
日本としては「民主主義という同じ価値観を共有する」(安倍晋三首相)米国や豪州とともに参加するAPECの
枠組みを活用する意義は小さくない。

産経新聞

























                ┌─┐
                |ア|
                |ジ |
                │ア│
                │の |
                │リ. |
                │||
.                   | ダ |
    ウリナラマンセー!!!. │| |
                └─┤ 
       ∧∧    ∧∧   ∧∧   ウリ達ノ出番ニダ
     ヽ<`∀´>ノヽ<`∀´>ノヽ<`∀´>ノ  ∧_∧
       |. ̄ ̄|─|. ̄ ̄.|─|. ̄ ̄|─┐<ヽ`∀´>
        ̄|| ̄   ̄|| ̄  . ̄|| ̄  □( O┬O
〜 〜     .◎     .◎     ◎    ◎ヽJ┴◎
      コロコロ〜            キコキコ


posted by クリケン at 09:24| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。