2006年11月21日

中国潜水艦は強制浮上だった〜日本近海で米空母と一触即発

 北朝鮮の核問題を巡り米国と中国が綱引きを行うなか、中国の攻撃型潜水艦が、沖縄近海で米軍の
空母キティホークを射程に収める至近距離まで、米軍に気づかれないまま接近していたことが発覚した。
一触即発の事態は、日本周辺海域のパワーバランスを崩しかねない重大な問題となる。米国は詳細な
事実関係に口をつぐむが、朝鮮半島が北朝鮮の核実験で緊迫するなか、中国の狙いは何だったのか。

 マレーシアを訪問していた米太平洋軍トップのウィリアム・ファロン司令官(海軍大将)は、中国海軍の
潜水艦がキティホークを攻撃できる位置にまで接近していた事実を認めた。米ワシントン・タイムズが
報じた内容の一部を確認したのだ。

 同紙によると、10月26日、キティホークを中心とした米艦隊が沖縄近海で訓練中、中国の「宋(ソン)級」
攻撃型潜水艦が、空母を護衛する潜水艦や対潜哨戒機などに探知されないまま追尾したという。最終的には、
空母からわずか5マイル(8キロ)後方という至近距離に浮上し、それを米軍の対潜哨戒機が発見。潜水艦は
ロシア製の対艦ミサイルなど装備し、空母を完全に射程に収めていたというのだ。

 ファロン司令官は「追尾」という表現は「誇張に走っている」と否定。だが、状況によっては「極めて予測
不可能な事態にエスカレートした可能性もあった」と中国側を牽制した。

 「もし、本当に気づかれず追尾、接近できたのならば、それは大騒ぎになる話。米軍には、あまりに衝撃的
なことで正直な話ができない可能性もなくはない。ただ、おそらく実際の状況は報道とは違っていたのだろう」

 こう分析するのは軍事評論家の神浦元彰氏。そう考える理由の一つは、中国が独自に建造した宋級潜水艦。
「様々な問題を抱えた失敗艦といわれたため、中国はロシアからキロ級潜水艦を購入した。米軍に気づかれず
追尾できるとは考えにくい。潜水艦が海底に沈降して音を出さずに潜んでいたら、確かに発見はしにくい。ただ、
沖縄近海はそれほど深くないため、米軍は磁気探知もできる」という。

 このため、神浦氏は「米軍が海底に潜んでいた潜水艦を見つけて取り囲み、音響弾やアクティブソナーで
攻めた結果、潜水艦側が辛抱できずに浮上してきたのではないか」と推測する。

 現場が公海上で、中国潜水艦が何も攻撃的な動きをせず、ただ海中にいただけで強制浮上をうながす攻撃を
仕掛けたならば、それは国際法に違反しかねない。神浦氏は「米軍も詳細な事情を明かせないのではないか」
と裏を読む。

 神浦氏の推測が事実ならば、中国側にとっても不名誉な話で、一連の報道を「そうした報告は受けていない」と、
外務省報道官が否定したこともつじつまが合う。

 同紙は、中国が2002年から昨年までにディーゼル、原子力で計14隻の潜水艦を新しく就航させ、なかには
「新宋級」が含まれているとも報じている。

 これまで中国は宋級をあまり建造せず、ロシアのキロ級を併用しつつ「元(ユアン)級」と呼ばれる最新艦を新造
したといわれているが、神浦氏は「キロ級などで学んだ技術で改良された宋級があっても不思議ではない」と話す。

 長期的には中国海軍が戦力を着実に増強しているなかで、隠密裏に米空母を追尾・攻撃する能力まで確保した
とすれば、周辺海域のパワーバランスは激変するのは不可避な状況となる。

 神浦氏は「レーガン大統領の時代、米軍は日本海での演習を繰り返していたが、あるとき、ソ連の攻撃で空母に
ミサイルが命中していた可能性があることが判明して大騒ぎとなった。それで演習は中止され、イージス艦が建造
されることになった」と振り返る。

 東シナ海の水面下では、現在も米中のせめぎ合いが続いていることは確かなようだ。 

ZAKZAK























>音響弾
       ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

posted by クリケン at 09:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中国の潜水艦「キロ級」について
Excerpt: 9月14日午前6時56分ごろ、高知県足摺岬沖の豊後水道周辺の領海内で、国籍不明の潜水艦が潜望鏡を出して航行しているのを、海上自衛隊のイージス艦「あたご」が確認した。16...
Weblog: 黒色中国
Tracked: 2008-09-19 20:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。