2006年12月15日

風化する「血債事件」…シンガポール・チャイナタウン−日本の憲兵隊が中華系住民を殺害

第2次大戦初期、マレー半島を南下した旧日本軍がシンガポールに到達した。
1942年2月18日、憲兵隊は「華僑抗日分子」の粛清に乗り出す。市内数カ所
に設けられた検問場で18〜50歳の男性が調べられた。処刑された中華系住民は、
現地では数万人とされる。当時18歳だったリー・クアンユー顧問相は、知人宅に
身を隠して難を逃れたという。シンガポールでは「血債事件」と呼ばれる。

かつての検問所に立つ碑には、「Kempeitai」の文字や日本語の説明文もある。
近くに住むフィリップ・タンさん(68)は4歳だった。「大勢の日本兵がやってきた。
明かりを消して押し入れの中に隠れたんだ」。妻は親類を憲兵隊に殺害された。

だが、碑のそばを通るカップルや家族連れに事件を尋ねても「知らない」と答える
人ばかり。今を生きることに忙しく見える大半のシンガポール人にとって「血債」の
記憶は風化しつつある。

朝日新聞























【朝日パターン】
朝日新聞が外国に関連する反日売国記事を書いて外国にチクリ・煽る。
   ↓
外国のメディアが朝日新聞の記事を報道する。
   ↓
朝日新聞が「外国で問題になっている」とマッチポンプ記事を書く。
   ↓
外国が日本を攻撃する外交カードに利用する。







>憲兵隊は「華僑抗日分子」の粛清に乗り出す。

この国に来られた日本のある学校の先生は「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」と言っていました。私は驚きました。「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」と私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、その英軍に協力したチャイナ系の抗日ゲリラだけでした。
マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員
posted by クリケン at 11:52| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29668898

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。