2007年01月06日

日本、インドに対して省エネや環境分野の技術協力へ

インドでは、高い経済成長に伴って大気汚染などの環境悪化が懸念され、とりわけ鉄鋼生産の
拡大で、製鉄所などからの二酸化炭素の排出量の増加が大きな問題になっています。

このため、日本の政府と鉄鋼業界では、地球温暖化の防止に取り組む国際的な枠組みを通じて、
インドに対して省エネや環境分野の技術協力を行うことにしたものです。

具体的には、ことし3月にも鉄鋼メーカーの担当者をインドに派遣し、現地の製鉄所の状況を調査
したうえで、排出ガスを利用する発電設備や、汚染物質を取り除く設備の導入を検討するほか、
日本の省エネや環境分野の技術の概要をまとめた冊子を作り、現地の企業に配布することに
しています。

日本の産業界は、すでに中国に対して、省エネなどの技術協力を進める新たな組織を設けるなど、
取り組みを始めていますが、インドについても今回の鉄鋼業界の協力から本格的な環境対策への
支援が始まることになります。

NHKニュース




















     ,,,────,,,,,.
    /  /   \\..         
    | ./___\ \    
   / /.      \'  ヽ       
  ,,.....ヽ/  ●   ● ヽ../      
”” ;  |    ( _●_)  ミ      § 
  ;;  彡、   |∪|  、`\__===・    中国よりうちに投資しとけ  中国はひどいぞぉ
 ;  / __ ヽノ  /´ ――┴;;    
 ;  (___)    |  ―――'"        
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) ,,..-'''⌒;,   /


posted by クリケン at 01:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30900696

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。