2007年04月05日

ドイツの飼育業者「北朝鮮にこれ以上ウサギを提供しない」「去年送った12匹も飼育せずに食べたようだ」

 北朝鮮の食糧難解決を助けるために自分が飼育した大型ウサギ12匹を北朝鮮に売った
ドイツの飼育業者スモリンスキ(68)さんがこれ以上北朝鮮にウサギを提供しないと語ったと
国際関係専門誌である『フォーリン・ポリシー』(Foreign Policy)インターネット版が3日報道した。

 雑誌はドイツ・シュピーゲル紙を引用、スモリンスキさんが去年12月に北朝鮮に送った
ウサギたちが現在飼育されずに北朝鮮高位関係者たちのお腹を満たす食用として消えた
ようだとこのように明らかにしたと伝えた。

 1月の対北ウサギ提供事実が知られた後、スモリンスキさんは自分が育ててきた犬ほどの
大きさの『ジャーマンジャイアントグレイ』の飼育で食糧難に喘ぐ北朝鮮を助けるためにもっと
多くのウサギを提供するという立場を明らかにした。

 彼は最初復活節(4月8日)以後に北朝鮮を訪問、北朝鮮のウサギ飼育施設を見回って
ウサギ飼育に対して指導する計画だったが、ドイツ駐在北朝鮮大使館がビザを発給しない
ために訪北計画を取り消したと雑誌は伝えた。

 スモリンスキさんは北朝鮮大使館から、ベルリン現地新聞が報道した対北ウサギ提供事業
に対して北朝鮮政府が不快に思っているという通知を受けたと明らかにした。

 これに対してスモリンスキさんは「北朝鮮に行ってウサギ飼育施設を見回りたかったが、
彼らが訪北を継続して延期した」「北朝鮮高位関係者たちがウサギたちを全て食べたようだ」
と語った。

 ベルリン駐在北朝鮮大使館はウサギが食用ではなく飼育されるため輸入されたことに言及、
ウサギが死んだという推測を否認して北朝鮮大使館がスモリンスキ氏に接触したという主張も
否認した。

聯合ニュース(韓国語)




























|      ||      ||      ||      |
|  朝   ||  鮮  ||  寿  ||  司  |
|___ノ.|___||____||____|

[][][][][][][] .A==A〆
           <`∀´*> ウサギはきのう品切れになったニダ。
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|.)     明日からカンガルーの炙りで
_|_∧ ∧三三∧三∧_|.|_
  (  ,, )旦 (  ´Д)┬  




             
        ∧∧
      / 中\ ヤレヤレ
      ( ; `ハ´) 二兎を追うものは一兎も得ず!
      ( ~_))_~)
      (  ヽノ   
    ((( し\__)              

posted by クリケン at 09:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。