2007年06月08日

G8首脳、対北朝鮮で連携確認 議長総括で拉致の早急な解決要求盛り込みへ、「朝鮮半島の非核化」実現に向けた決意も表明

 主要国(G8)首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)は7日午後(日本時間同日夜)、イランや北朝鮮
の核問題など国際政治情勢をめぐり集中的に討議した。安倍晋三首相は北朝鮮による拉致問題を
取り上げ、問題解決へ向けた国際社会の連携を確認。拉致問題は8日にドイツのメルケル首相が
発表する議長総括で、早急な解決を要求する文言が盛り込まれる方向だ。

 G8首脳は北朝鮮核問題に関し「朝鮮半島の非核化」実現に向けた決意を表明。北朝鮮に核放棄
への初期段階措置の履行を強く促し、すべての核兵器と核開発・弾道ミサイル計画の放棄を求める。

 イランの核開発問題では、国連安全保障理事会の決議に基づいてウラン濃縮活動を停止する
よう要求すると同時に「イランは中東で責任ある役割を果たすべきだ」との認識で一致。事態が進展
しない場合の追加制裁の可能性も議論する。

東京新聞




























や〜ドイツは遠いアルね
あれ?酋長は見かけなかったアルね?  
                         スゲ〜嫌がらせww
     ∧∧  呼ばれてないニダ!  ..〜Ο〜〜〜〜〜〜〜
    / 中\    ∧_∧     ∧_∧o
   (  `ハ´)   <‘Д‘; >、  (´∀` ) 
    (   , 旦 ̄ ̄∪旦∪ ̄ ̄/|O旦と )
   (_ /________//'(_(_つ
      |_l───────‐l_|'


posted by クリケン at 11:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。