2007年10月10日

タイ 韓国人専用カラオケに勤務する女性が、自室で殺害される

10月7日、東部最大の観光地都市パタヤのアパートでカラオケ嬢の遺体が発見された。
被害者は韓国人専用カラオケ「モナリザ・カラオケ」に勤務するウィルナさん(28)。
北部パヤオ県出身で、すでに1年以上、同店で働いていた。容姿端麗で、
性格もよかったことから、なじみ客も相当数いたという。

遺体はフローメン・マンション2階の自室のベッドの下から発見。寝巻き姿で、
手足は電気コードで縛られており、首にはウエストポーチが巻かれていた。
死後6日ほど経っており、住民から強い異臭がするとの苦情を受けた
アパートの管理人が合鍵で部屋を開けたところ、遺体が見つかった。

管理人の話では、10月3日、30歳前後の太った男がウィルナさんの部屋を訪ねてきて、
深夜に被害者の車を運転して、帰宅していったという。
そのため、警察では現在、この男が怪しいとみて、行方を追っている。

バンコク週報

























  ___  +  +  .___
 ヽ =警=とヽ∧_∧ .ヽ=警(とヽ
 ( ´∀`) |<.丶`Д´.>( ´∀`) |  太った朝鮮人をタイーフォしますた!!
 /| ̄У .ノ((〇)-(〇)./| ̄У .ノ
 U=◎=|  | | |  U=◎=|
 (__)_)〈_フ_フ (__)_)

posted by クリケン at 12:45| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59969195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。