2008年03月12日

宇宙飛行士交代、露訓練教材の意図的流出が致命的〜避けられない韓国の信用失墜

韓国初の宇宙人誕生をひと月後に控えて搭乗宇宙人が電撃的に入れ替えられた。ロシア連邦宇宙局は
特別な言及なしに「韓国宇宙人候補であるコ・サン氏がガガーリン宇宙センターの関連規定に違反し
たため」「今回の決定は韓国政府の責任下にある」と明らかにした。予備宇宙人、李ソヨン氏の搭乗
決定で韓国人の宇宙飛行には変化がないが、韓国宇宙航空史に汚点を残すことになった。

◇何があったのか=教育科学技術部李サンモク局長は搭乗宇宙人の交代の決定的理由になったコ氏の規
定違反について「初めは不注意だったが、二回目は強欲が呼んだ間違いだった」と表現した。しかし、
ちょっとした間違いですますには対価がとても大きかった。敏感な技術情報分野に触れたからだ。

コ氏は去年9月、ロシアのガガーリン宇宙センターで使った訓練教材を外に持ち出したと言う。韓国に
送る個人の荷物に教材が含まれていた。ロシア連邦宇宙局は韓国航空宇宙研究員に公式抗議し、韓国
からこの教材をロシアに返して事件は決着した。1次警告を受けたにもかかわらず、コ氏は先月、また
規定に違反した。今回は「故意性」があった、というのがロシア連邦宇宙局の判断だ。

コ氏は自分の任務である「宇宙科学実験」と関係ない操縦士訓練教材を許可なしに借りて見て、摘発
された。「繰り返された規定違反」は宇宙人の資格に致命的だ、というのがロシア側の判断だったと
言う。問題の深刻性を認識した韓国側もロシアの交代勧告を受け入れるしかなかった。

李局長は「私たちの側では事案は軽微だと見ていたが、ロシア側の立場は違っており、これを受け入
れた」と明らかにした。教育科学技術部のある関係者は「コ・サンさんは勉強熱が高くて、個性がと
ても強かった」と述べた。

◇今後の宇宙日程は=韓国初の宇宙人誕生と言うプロジェクトは蹉跌なしに進行される見込みだ。李局
長は「韓国初の宇宙人が男性から女性に変わっただけで、任務遂行には何らの影響がない」と明らか
にした。これまで予備宇宙人李ソヨンさんは‘予備チーム’でコ氏とまったく同じ訓練を消化して来
たし、すでに今月7日‘搭乗チーム’に任務を交代したことが知られた。コ氏は李さんが遂行した「予
備宇宙人」の任務をそのまま引き継いだ。

李局長は「搭乗宇宙人がまた変わるようになる確率はもうないと思えば良い」と言いながらも「もし
も李さんがコ氏のような間違いをしたら、ロシア連邦宇宙局と再協議をしなければならない」と説明
した。塔勝宇宙人交替で一区切りついたが、論難は続く見込みだ。流出された情報がどの水準なのか、
どの線まで流出したのか不確かだからだ。国際科学の世界で韓国の信用度の下落と位相墜落は避けら
れないようだ。

健康上の問題ではない理由で宇宙人を入れ替えたのは非常に異例なことだ。このために宇宙人選抜過
程で資質検証が充分でなかったのではないかという指摘が申し立てられている。韓国最初の宇宙人は
来月8日午後5時16分(現地時間)カザフスタン・バイコヌール宇宙基地からソユーズ号に乗って宇宙に
向かう。国際宇宙ステーション(ISS)に泊まって科学実験など宇宙での使命を遂行した後、同月19日帰
還線に乗ってカザフスタン草原に帰って来る予定だ。

京郷新聞(韓国語)




























<;`Д´>おかしいニダ…
チョッパリ相手なら何の問題も無いのに



>コ氏は自分の任務である「宇宙科学実験」と関係ない操縦士訓練教材を許可なしに借りて見

<丶`∀´> 「ウリに運転させるニダ!」


posted by クリケン at 10:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89264367

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。