2008年05月14日

世界が注目した釜山モーターショー閉幕

 今月2日に開幕した「2008釜山国際モーターショー」が11日間のイベントを終え、12日に閉幕した。

 釜山展示コンベンションセンター(BEXCO)側は「今年はモーターショーの観客動員数が102万3000人に上り、
3回連続で100万人を突破した」と明らかにした。今回の釜山モーターショーにはワールド・プレミア1台をはじめ、
アジア・プレミア12台、コリア・プレミア10台と計23台の新車が登場した。

 BEXCO側は「世界のどのモーターショーにも勝るとも劣らない新車発表実績だ。質的にも成長し、世界的な
モーターショーとして成長していくための土台を形成した証拠」と話した。また「モーターショーの花」とされている
各種のコンセプトカー(デモンストレーション用の試作車)や環境配慮型自動車、先端のディーゼル車など未来型
の自動車が多数展示され、観光客の視線をくぎ付けにした。

2008釜山国際モーターショーの閉幕日である12日、釜山BEXCOに多くの観光客が訪れた。観客動員数は今年も
100万人を突破した。

 韓国、アジア、世界で今後発売される新車や将来の市場を決定付ける未来型の自動車が一挙に公開されたことは、
「釜山モーターショー」が「ソウル・モーターショー」と対等な関係を築き上げつつあるためだ、とBEXCO側は分析した。
2005年から釜山モーターショーは偶数年に、ソウル・モーターショーは奇数年にそれぞれ開催されている。

 これを証明するかのように、国内だけでなく、日本やドイツなど欧州のテレビ局やメディア関連の記者たちが1300人
余り訪れ、取材合戦を行った。また、観光客の水準も「町内会のイベント」といった水準を大幅に脱した。釜山テクノ
パークが地域別の観客数を調査した結果、全体の51.5%がほかの地域からの来客だった。閉幕前日の11日まで毎日、
自動車1台ずつをプレゼントする抽選会でも、全9台のうち7台までを京畿、光州、大邱など他地域の観光客が引き当てた。

 また、経済的効果も目を見張るものがあった。輸出交渉での実績が10億1000万ドル(約1040億3000万円)に上ったほか、
地域経済に及ぼした波及効果も3000億ウォン(約297億円)を超えるものと推算されている。

 これについて、BEXCO側は「正確な経済効果は釜山テクノパークが現在計算している。モーターショーに参加した企業の
費用、関係者たちの滞在経費、3000人余りに上る海外バイヤーの滞在経費に100万人を超える国内外の観光客、海雲台
周辺の観光業界の特需などを考慮すれば、3000億ウォンは軽く超えるだろう」とみている。

クォン・ギョンフン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


























>世界が注目した釜山モーターショー閉幕

<ヽ`∀´>「全米が泣いた」よりも説得力があるニダ
(´・ω・`)ねーよ。


posted by クリケン at 17:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。