2010年01月23日

中国党高官、訪中した愛知元環境庁長官らに「日米関係をしっかりして」、鳩山政権でぎくしゃくする日米関係を懸念

- 「日米関係しっかり」=中国党高官 -

 【北京時事】訪中した愛知和男元環境庁長官(前衆院議員)を団長とする
超党派の前・元国会議員代表団は22日、中国共産党対外連絡部の劉結一
副部長ら党高官と相次ぎ会談した。中国側からは「日米関係をしっかりして
ほしい」と、鳩山政権下でぎくしゃくする日米関係を懸念する声が上がったという。

 愛知氏らによると、劉氏らは日本の政局の行方にも強い関心を示し、
代表団は質問攻めに遭った。また中国側は、中国の軍事力増強に対して
日本国内で懸念が出ていることについて、「広い国土と多い人口を抱えており、
ごく自然のこと。周辺に脅威を与えていると受け取られては困る」と訴えた。 

時事ドットコム
































(  `ハ´)   なんという寛容な精神・・・

        これでこそ世界の盟主たる器
        属国の外交関係も考慮せねばならぬ朕は悩み多き君主アル


( `ハ´)   小日本も遊んでないでまじめに働くがヨロシ


posted by クリケン at 14:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海万博 「日本館」は最先端技術を多数紹介

5月に開幕する上海万博まで21日で100日を迎え、それにともなって上海では20日、日本政府と企業が共同出展
する「紫蚕島」(日本語では「かいこじま」)と呼ばれる「日本館」の展示内容が発表された。

展示は大きく3つのゾーンで構成されている。ゾーン1は、遣唐使時代を中心に、日本文化が中国文化を取り
入れながら発展していく姿を、グラフィックと映像を交えて表現する。

ゾーン2は、環境への取り組みがメインだ。自然と共生する日本の文化や都市の紹介、環境問題の解決に向
けた先端技術や装置などが展示され、海水を淡水にする逆浸透膜や、都市レベルで二酸化炭素の排出がゼロ
になる「ゼロエミッションタウン」を実現する「発電床」などの環境技術を紹介する。

ゾーン3で開催される、中国と保護活動を展開しているトキをモチーフにしたショーでは、トヨタが開発中の
二足歩行のロボットが登場。またキャノンの超高精細・超望遠機能、および動画を撮影しながら笑顔を認識
すると自動的に抽出できる機能を実現する「ワンダーカメラ」は初公開だ。

その他にも、日中を代表する演出家の佐藤信氏とダニー・ユン氏の演出による、日本の能と中国の昆劇が
融合したミュージカルショーも上演される。

記者会見では鳩山由紀夫首相のメッセージが入った日本館の魅力を紹介した広報用ビデオも公開された。
このビデオは、日本館公式サイト、You―Tube、中国中央テレビ(CCTV)のサイトでも見ることができる。

チャイナネット






























ちょっぱりが しゃんはいばんぱくに あらわれるようだ!!▽

<丶`∀´>ウリナラはどうするべきニカ?
ニア a,ベンチマーキングするニダ
   b,サッカーのように共同開催にして韓日館にしてやるニダ
   c,フランスのジャパンエキスポと同じようにゲストとして招かれてやるニダ


posted by クリケン at 14:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「外国では日本人だと詐称すると尊重される」 〜国外で悪すぎる中国人のイメージ

中国のネットメディア「環球網」の掲示板に「日本で頻発する中国人排除デモ、国外に
おける中国人のイメージは悪すぎる」と題する文章が寄せられ、大きな話題となっている。

文章によると、海外を訪れた中国人観光客は大声で騒ぎ、ブランド品を買いあさり、列に
並ばず、ところかまわずタバコを吸い、痰を吐くと中国人自身を非難し、「さらには男性で
あれば盗みをはたらき、女性であれば売春をする。国外で歓迎されないのも当然だ」とした。

続けて、大金を使うからといって礼儀を欠いても良いということにはならないとし、「本当に
恥ずかしい!それでよくも自分たちを礼儀の国だなどと言えるものだ」と中国人観光客を
批判した。さらに、日本・英国・フランスの人びとと比べ、中国のどこに礼儀という概念が
存在するのだろうと自問し、過去の教育が間違っていたのだろうかと語った。

また、台湾の同胞たちが礼儀正しいことを見れば、遺伝子の問題ではないとも語り、
「ヨーロッパでは自分のことを台湾人または日本人だと詐称(さしょう)すると、ヨーロッパ人
の態度は豹変し、尊重される。自分が中国人であることを認めたくなくなる」としている。

この書き込みに対し、「中国人の素養に関しては改善すべき点は多く存在するが、そうした
点は中国人だけでなく、他国の人間も同様だ」、「国民性というものがあり、すべての国が
日本人のようになれるわけではない。しかも日本人の礼儀正しさは表面的なものであり、
日本社会には個性というものがない」など、書き込みに対する反論が多く寄せられている。

サーチナ
































>「ヨーロッパでは自分のことを台湾人または日本人だと詐称(さしょう)すると、ヨーロッパ人
>の態度は豹変し、尊重される。

<;`Д´> ・・・宗主国さまウリは?







あなたは日本人ですか?
(´・ω・`)はい
( `ハ´)はい
<丶`∀´>はい

あなたは中国人ですか?
(´・ω・`)いいえ
( `ハ´)・・・はい
<丶`∀´>いいえ

あなたは韓国人ですか?
(#・ω・ )いいえ
(#`ハ´)いいえ
<丶`皿´> ファビョーン くぁwせdrftgyふじこlp



posted by クリケン at 14:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

中国政府が恐れる急成長とバブル

【北京】中国政府は20日、ブームに沸く住宅市場を抑制するために銀行融資の抑制に踏み切った。中国を
世界第2位の経済大国に押し上げる原動力とされる住宅市場の拡大にブレーキがかけられたことで、株価は
下落し、中国の持続成長に対する懸念が広がった。

中国政府は21日、2009年のGDP成長率が政府目標の8%を上回り、8.7%であったことを発表した。10-12月期
の伸びは前年同期比10.7%で、世界貿易の回復と、中国の資産・インフラの継続的な成長を反映している。中
国国家統計局によると、昨年12月の消費者物価は前年同月比で1.9%上昇し、0.6%の伸びを示した11月から
急伸している。

力強い成長を続ける中国は、世界第2位の日本を追い越す勢いだ。数十年前の日本と同じように、中国は
急速な工業化によって、過疎地域の人口が都市へとシフトしている。

だが過去に日本が直面し、1990年代初頭のバブル崩壊、さらには長年の景気低迷へとつながったリスクに、
中国が向かっているのではないかという懸念が高まっている。中国不動産開発大手の万科企業の会長、王石氏
は先月、中国の急速な物価上昇が主要都市以外にも広がるようなことになれば、日本型の資産バブルのリスク
にさらされるだろうと発言している。

中国政府は20日、不動産関連銀行融資の抑制を指示した。この動きは政府がバブル発生に対する懸念を強め
ている証しといえる。

当局の融資抑制姿勢に対する警戒感が広がったことで、20日の上海市場では銀行株が大きく値を下げ、主要
株式指数が2.9%下落した。この動きは海外の主要市場にも波及し、20日のダウ工業株30種は122ドル28セント
安の10603ドル15セントで引けた。

銀行融資は、世界的な景気低迷が続くなか、中国が景気刺激策の基軸としてきた手段だ。政府の景気刺激策
が段階的に縮小するなかで、民間企業は成長を維持するために支出拡大の必要に迫られている。

住宅は継続的な利益確保が最も期待できる分野だ。世界銀行によれば、建築は昨年の民間投資の原動力で
あったという。輸出が伸び悩む中国にとっても、不動産は経済成長の中心的役割を果たしきた。そうした
状況を反映して、新築住宅価格は、中国全体で年率20%以上の伸びを示している。大都市の高級物件はそれ
以上だ。

今のところ、価格の上昇は不動産開発会社の住宅建築を促し、建設労働者と建材の需要が活性化され、景気
全体を支えている。11月と12月の建築着工件数は、前年同期比で75%という記録的な増加を遂げた。

米パシフィック・インベストメント・マネジメントのアジア太平洋地域クレジットリサーチ責任者の小関
広洋氏は、1980年代の日本経済が現在の中国よりはるかに成熟していたことなどを踏まえると、日本の投機的
なバブルと中国の不動産ブームを比較することは適当ではない、と述べた。

中国は現在でも生活水準で先進諸国に大きく後れをとっている。また都市の拡大と所得の増加によって、
新築物件への実需は高い水準を保っていると小関氏は分析する。

だが投機が市況過熱の一因であることは間違いない。 「長期的には需要は拡大傾向にある。だが一方で、
バブルが発生する可能性も消えたわけではない。人々の間にバブル的傾向があることは確かだ。キャベツで
も買うかのように高級マンションを購入しようとしている」とUBSのWang Tao氏はコメントする。

原文: China Seeks to Tame Boom, Stirs Growth Fears
記者: Andrew Batson

ウォールストリートジャーナル






























         ∧∧
        /支 \アイヤー もう駄目アル…
       /`ハ(´; \ 
      と         `つ
     /           ヽ プクー
     |            |
     ヽ            / 
      \⊂ ⊂     /
       ヽ、 ____,, /




    \     |     /
      \    |    /
       \  |  /
     ___ パァン ___ 

        /  |  \  
      /   |    \
     /     |     \


posted by クリケン at 17:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

日本の「沖ノ鳥島」整備に中国反発、ネットでは「日本が平和を侵害」「中国と世界への宣戦布告」

  日本政府が日本最南端の沖ノ鳥島と最東端の南鳥島の海岸線の保全を義務付け、
国の直轄で港湾や岸壁を整備できるようにするための新法案を18日から召集された
通常国会に提出する方針を固めた。

  これに対し、中国共産党の機関紙「人民日報」が発行する国際問題専門紙である
「環球時報」のウェブサイト環球網は「日本は沖ノ鳥島を保護するという名目で、
公海を私海にしようとしている」との記事を掲載した。

  記事では中国社会科学院日本研究所の声として、「このやり方はすでに日中間の問題ではなくなった。
全人類が共有すべき公海の利益に対する侵害であり、捕鯨と同様に道義を欠いた行為だ」とした。

  中国は沖ノ鳥島に対し、日本の領土であることを認めつつも「島ではなく岩礁であり、
排他的経済水域の設定は認められない」と主張している。記事では日本経済新聞や
読売新聞の報道を引用し、日本政府が新法案を提出するのは漁業資源及び埋蔵資源の
開発のほか、日本の主権を明確にすることで中国を牽制(けんせい)する意図があるとした。

  これに対し、中国のネット上では「日本が新法案を成立させれば、
それは中国と世界への宣戦布告を意味する」、「日本の領土拡張行為はアジアと世界の平和を
侵害している」など、日本に対する批判のコメントが多く寄せられていた。(編集担当:畠山栄)

サーチナ






























  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
 ( ‘∀‘)   ( ‘ー‘)  ( ‘∀‘)  ( ‘∀‘)  ( ‘∀‘)
 (    つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━∪┳⊂     つ
 | | |. ┃  お 前 が 言 う な !  ┃.| | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━┻.(__)_)



posted by クリケン at 17:28| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

中国はドイツよりゲイに寛容、政府系のゲイバーまで―ドイツ紙

2010年1月12日、ドイツ紙ディ・ヴェルトは「中国社会の方がゲイに寛大だ」と題した記事を掲載した。
13日付で環球時報が伝えた。

記事によれば、中国初となる「ニューハーフ美人コンテスト」が北京で開かれた。
外見だけでなく内面の美しさも審査基準で、優勝者はノルウェーで開催される
国際大会への出場権を獲得するというものだ。

中国の法律は同性愛を禁止していないが、社会には根強い差別意識が残っている。
男性は跡取りとしての役目が期待されるため、ゲイであることを家族に隠している人がほとんど。
会社でカミングアウトすれば、職を失う恐れもある。そのため、多くは普通に家庭を持ち、
「裏の顔」を隠して生きている。

しかし、中国経済の発展とともにゲイを取り巻く環境も劇的に変化している。
97年当時、男性同士の性行為は犯罪と同じような目で見られていたが、
中国政府は01年、同性愛者を「病気」とする見解を取り消した。
国営メディアの報道もどんどん中立化し、09年には雲南省昆明市に
政府系の「ゲイバー」も誕生した。

北京や上海、広州などの大都市では数年前から同性愛者がディスコやバーなどを
堂々と出入りしている。都市部ではすっかり市民権を得た感じだが、
地方都市や農村部ではまだ根強い差別が残っているようだ。(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ





























    ∧∧
   / 支\
  (  `ハ´)   やらないアルカ?
  / , ヽ lヽ、
ニ(_つ'Y /ニニニii
ニニl   ! レ'~`iニニii



(  `ハ´) < 唖ッー!


posted by クリケン at 17:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

中国人が見た日本 池袋チャイナタウン、まずは都の許可を受けるのが先では?

2010年1月11日、中国のブログサイト・捜狐博客に東京・池袋のチャイナタウン構想について考察した、中国人
ブロガーによる記事が掲載された。以下はその内容。

2年前に在日中国人企業家を取材した時、池袋のチャイナタウン構想を聞いた。恐らく横浜だけでは足りない
と思ったのだろう。理由はどうであれ、東京のこのような繁華街に中華街を建設したいと考えるのはごく当然
のことだと思う。中華文化を日本で大いに発揚させるには、中華街の建設が最良の方法だと考える人もいる
ようだ。

だが、実現させるには冷静にやり方を考える必要がある。東京にチャイナタウンを建設して良いかどうかを
決めるのは、石原慎太郎都知事だ。中国人ではない。許可を受けるには、都や地元の利益につながるかどう
かが大きなカギになる。反対に中国在住の外国人が、「米国街」や「日本街」を建設したいと言ったらどう
か?中国政府は彼らが勝手に建設することを許さないだろう。

在日中国人の参政意識は在米中国人と比べ、かなり低いと感じる。在日70〜80万人に対し、在米は数百万人。
数の違いも関係あるだろう。在日中国人の中には、参政=自分たちの意見を通すことだと考えている人もい
るようだが、これでは孤立を深めるだけ。外国人は排斥されているなどと言う資格もない。まずは現地社会
に溶け込むこと。簡単な道理ではあるが、中国人にとっては「言うは易く行うは難し」といったところか。
(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ






























<丶`∀´>おまいらこういう意見を聞いてだまされるなニダ
<丶`∀´>あっちは策略でこういう記事かいているニダ



<`∀´>やはり策略などない猪突猛進のウリが一番ニダ!

posted by クリケン at 23:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

北朝鮮の軍高官が中国軍首脳部と会談

中国の通信社、中国新聞社によると、訪中している北朝鮮の金正角朝鮮人民軍
総政治局第一副局長は18日、中国の徐才厚中央軍事委員会副主席、李継耐人
民解放軍総政治部主任(中央軍事委員)と北京で相次いで会談した。

徐副主席は会談で、「(中朝)両軍間の戦略的な意思疎通の強化」が「地域の
平和と安定を支えるのに寄与する」と表明。これに対し金第一副局長は「あら
ゆる分野で両軍の協力を積極的に進める」と応じた。李主任も北朝鮮との軍事
分野での協力関係強化を指摘した。(共同)

MSN産経ニュース



























(丶`ハ´)お手アル…

<丶`∀´>ワン・ワン!!

posted by クリケン at 17:46| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

「それはアフリカ人の考えなのか?」中国・温家宝首相、「中国がアフリカの資源を略奪」との見方に反論

2009年11月8日、エジプトのシャルムエルシェイクを訪れていた中国の温家宝(ウェン・ジアバオ)
首相は記者会見を開き、「中国がアフリカの資源を略奪しようとしている」との見方に反論した。
中国新聞網が伝えた。

温首相は記者会見で、外国人記者から「中国がアフリカ支援を行うのは資源を略奪するためで、
アフリカへの『新植民主義』ではないのか?」と質問された。これに対し、「中国とアフリカの関係は
半世紀以上に及ぶ。中国はアフリカ支援に際し、政治的な条件を付けたことは一切ない」と反論。
アフリカとの協力関係は多方面にわたり、エネルギー分野はそのうちの1つに過ぎない、
中国は決してエネルギーのためだけにアフリカを支援している訳ではない、と強調した。

また、温首相は「なぜ中国だけが名指しで非難されるのか?これはアフリカ人の考えなのか、
それとも欧米人の考えなのか?」と強い口調で反問した。(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ































(  `ハ´)「略奪されたと感じる人間さえいなくなれば略奪ではないアル。」


posted by クリケン at 17:35| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

中国は責任感のある国で、他国の利益を損なうことは一切しない

 中国外務省の馬朝旭報道官は北京で5日に行われた定例記者会見で「中国は責任感のある国で、
他国の利益を損なうことは一切しない」と述べました。

 インドのメディアがこのほど、中国が雅魯蔵布江(ヤルツアンボ川)の上流でダムを建設すると報道し、
これに関する記者の質問に答えました。

 なお、ヤルツアンボ川は中国とインドを流れる川ですが、インドに入るとブラマプトラ川となります。(Katsu/村田)

中国国際放送局






























(  `ハ´) 責任を持って、他国を吸収するアル
       我国となれば問題無いアル


posted by クリケン at 16:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

上海余話『日本人狩り』

近代中国の小説家、魯迅 (ろじん) を記念した上海市内の魯迅公園を散歩していたときのこと。年配の中国女性が近づいてきた。「あなたは日本人ですか?」と日本語で聞かれ、訳も分からずうなずくと、あっという間に20人近い人垣に囲まれた。

すわ反日団体の“日本人狩り”かと身構えたが、聞くと週末ごとに日本語を勉強する仲間が公園に集まって、日本人を探しては会話の練習に励むのだという。

女性は「息子が日本語を勉強して就職先を探しているので自分も手助けのつもりで」と話した。四川省出身という若い男性は「ハイテク製品に憧 (あこが) れて日本語の勉強を始めた。日本に留学したい」と目を輝かせた。

口々に話す日本語はたどたどしいが、日本に対する期待が彼ら、彼女らを突き動かしていることは確かなようだった。別れ際に一人一人が握手を求めてきて「ありがとうございました」と深々と頭を下げたことには驚いた。

そういえば先日、西安で行われた大学生の日本語弁論大会に関係者として出席した日本の友人が、学生の高い日本語能力と純粋な日本への関心、情熱に触れていたことを思いだした。

確かに就職に有利といった現実的なもくろみもあるのかもしれない。

それでも、かつて日本に留学し、日本人と深い心の交流を生涯続けた魯迅の前で“日本人狩り”をする中国人はいとおしい。
(河崎真澄)

MSN産経ニュース































<丶`∀´>
ネトウヨ狩りは任せるニダ…



『日本人狩り』の図

              lヽ                     lヽ
              l 」 .∧∧ . lヽ         ∧∧  L」
              ||/ 支\  l 」  ∧∧   /支 \ ||
              ⊂( `ハ´)  || / 支 \  (`ハ´ )⊃
               ヽ  と)  ⊂( `ハ´ ) . (つ  ノ
                (^^) i   ∧_∧と)  | (^^)
                   J   (l|´Д`;)⊃  し⌒
                       (つ  i'^) '、ハヒィー!?助けてー!
                       |  (;^^)
                       し⌒



posted by クリケン at 18:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

中国 感謝されたい日本人シニア技術者たち「私のことを思い出して欲しい」技術指導に情熱

中国にある日系工場には多くの技術者の方が駐在されていると思う。しかし、最近は日系でなくとも日本向け、日系向けを手掛けるサプライヤーに日本人の技術者が駐在されているケースを多く見る。
駐在と表現したが、実際は日本からの派遣でなく、現地企業と直接雇用契約を結び、根を下ろして仕事されている方も少なくない。日本からの派遣、現地雇用に限らず、比較的年配の方が多い。

日本からの駐在者に年輩者が多いのは、駐在員の多くが現地法人では指導監督、総合的な管理業務を担う必要から、どうしてもある一定年齢層以上に集中してしまうという事情がある。

しかし、それだけではない。特に現地企業と直接雇用契約を結んで働いている方たちの話を聞くと、多くは日本でしっかりと後進の指導にあたった結果、立派な後継者が育ち、失礼な表現ではあるが、社内での必要性が失われてしまった。
あるいは、長く中国ほか海外工場に駐在し、日本に帰任したものの、そこには海外工場に日々発生していたリアルな事件 (問題) もなく、海外駐在で培った経験や知識を生かす場が限られてしまっている。そんな中で海外への再渡航を選ばれる方は少なくないように感じられる。

60歳の定年を迎え、国内には再雇用の場もなく、年金受給までの食いつなぎである、あるいは仕事一筋のサラリーマン生活に明け暮れたため、趣味や仕事以外の人間関係を構築できなかったのでは、と否定的に捉える読者もいるかもしれない。
まったくそのような要素がゼロであるとは断言できないが、そのような要因の多くは、副因であって主因ではない。実際には、定年前に日本の会社を退職し、中国企業と雇用契約を結んでいる方も少なくない。
そのような方の場合、収入や保険のことだけを考えれば、日本企業に留まっていることが得策なのは言うにおよばない。

また、定年を迎え仕事以外にやること、出来ることがない、といった話を聞くこともあるが、豊かな趣味を持っていたからといって、趣味三昧の生活を選ぶかといったら、また違うのではないだろうか。
例えば、絵画の趣味を持たれている方が素晴らしい絵を描かれたとしても、それは本人の満足や周囲の絶賛を受けることはあっても、感謝される域となると難しい。逆に美しい絵画に周囲が感動し、感謝にまで至るとなったら、それは趣味の域を飛び越えてしまっていることになる。

一方、日本人技術者が自分の持つ経験、知識を中国人技術者に移植してゆくことで、中国工場の品質管理や原価管理、工程管理が向上していくとしたら、それは間違いなく感謝されるだろう。

「井戸水を飲むとき、その井戸を掘った人のことを忘れてはならない」という中国の諺の話をしたとき、
中国で孤軍奮闘しておられる技術者から、「私は、その井戸を掘っているのです。いつの日か、私の残したモノ (技術) が感謝され、少しばっかり私のことを思い出してもらえれば……」という話を伺った。

彼ら日本人技術者の純粋な気持ちが、「世界の工場」中国を下支えしているのではないだろうか。

サーチナ






























( `ハ´ ) 井戸水を飲むとき、その井戸を掘った人のことを忘れてはならないアル
( `ハ´ ) 水がたくさん出るようになったので、井戸を掘った人達に売りに行くアル

<丶`Д´> 井戸を掘った場所はウリの土地ニダ 誰が掘ろうと感謝する必要は無いニダ
<丶`Д´> 井戸を掘ったのはウリニダ




posted by クリケン at 17:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

中国が米国の軍事能力を「絶命」させる電磁パルス兵器開発か―台湾報道

  22日付環球時報は、台湾紙・中国時報が、「中国が電磁パルス兵器を開発中の可能性」と伝えた
と紹介した。弾道ミサイルへの搭載も可能で、米国の軍事能力を「絶命」させる兵器を作り出す
可能性があるという。

  中国時報は、中国共産党中央軍事委員会が10月1日の建国60周年の直前に、
江蘇省南京市内で解放軍理工大学の周璧華首席教授に一等功労賞を授与したことに注目した。
授与の理由は電磁パルス兵器の分野で卓越した功績が認められたためという。

  電磁パルスは急激に増減するパルス状の電磁波で、大出力であれば電子機器・装備の機能を
止めたり、永久的な損傷を与える。核兵器使用の際に発生するが、電子回路によっても作り出す
ことができる。

  電子回路による電子パルス兵器は非破壊・非殺傷兵器として想定されている。
ただし、相手の電子装備に損傷を与えるほどの大出力は実現が難しい。
米軍も研究しているとされるが、これまでのところ、実用化の発表はない。

  中国時報は、「中国が電磁パルス兵器を完成させれば、米軍すらどうすることもできなくなる」、
「ミサイルに搭載することも考えられる」などと論じた。

  軍事面での電磁パルスの研究は世界的に、相手国が核兵器を使用した場合などを想定して、
「自国側電子機器の機能不全」を阻止することを念頭に進められてきた。北京の軍事専門家は
「周首席教授はこれまで、主に電子パルスからの防御を研究しており、攻撃面にはタッチしていない。
ただし、中国が電子パルス防御の研究を明らかにしたことは、電子パルス兵力について
新たな進展があったことを意味する」と述べた。

  周首席教授は70歳間近される。軍はこれまで、定年にともなう退職を、3回にわたって延期した。
破格の扱いを続けていることからも、周首席教授が極めて重要視されていることが分かるという。
(編集担当:如月隼人)

サーチナ































( `ハ´)<米帝の兵器を無効化しようとしたら、自国の兵器も使えなくなったアル


posted by クリケン at 14:57| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

中国ブログ 帰国して10年以上になるが日本のラーメンが忘れられない。日本人の魂が凝縮した食べ物だ

中国人ブロガーの「公爵竹舍(ハンドルネーム)」さんはこのほど、かつて留学していた日本での「忘れられない味」に
ラーメンとカレーライスを挙げ、中でもラーメンについては「日本を離れてもう10年以上になるが、
本当に忘れられない味だ」などと熱く語り、注目を集めている。

当時、留学生だった「公爵竹舍」さんは、「自分が留学して間もなかったせいもあるだろうが、
刺身やうどん、北海道のかにの味などには全然興味がなかった。それらで腹を満たすことはあっても、
それらへの食欲はわかず、食べたくて食べる、ということはなかった」と語り、10年前の日本食は、
自分にとって「何かが足りなかった」と振り返った。

しかし、ラーメンについては「日本人の魂が凝縮した食べ物」と大絶賛、
「薄味をよしとする日本食の中で、味の濃いラーメンは労働者の活力を支える異色の存在だった」と分析した。

また、「一杯の酒と一杯のラーメン、これが日本の高度成長を支えた」とまで称し、
ラーメンが「日本のソウル・フード」として、街を行き交う人々に憩いの場を提供した、などと独自に位置づけた。

このほか、日々変化を遂げる日本のラーメン事情や、日本でのラーメン店の多さと「愛され具合」、
自身がおいしいと思った有名ラーメン店のメニューなどを続々と紹介、「上海にもラーメン店はあるが、
日本の麺のコシや喉ごしの良さにはかなわない」などと「ラーメン通」ぶりを示した。(編集担当:金田知子)

サーチナ





























<丶`∀´>そこで辛ラーメンニダ


posted by クリケン at 18:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

台湾の大学生たちが日本統治時に存在していた駅の位置や裕仁皇太子の訪台ルート等を電子地図にまとめる

あなたは以前、台北に「新生」や「樺山」という駅があったことを、1923年に日本の裕仁皇太子
が訪台した際どの名所を訪れ、それがどこにあるのかご存知だろうか?

大学生のグループが夏休みの時間を利用し、GIS(地理情報システム)に廃止された67の
駅や路線、再び見ることの出来ない鉄道ホテルや鉄道レストランの詳しい経度と緯度を
携帯電話やPDAを通し気軽に検索できるようにしたのである。もう文学と歴史を探る旅でも
困難が重なることはなくなるだろう。

科学技術の進歩に従い、電子地図を使って観光名所に行くのはそれほど難しくはなくなった。
だが史学部の学生は満足せず、「失われた」場所もそれぞれ測定したくなったのだ。
中興大学の史学部は彰化師範大学歴史所と協力し、歴史文献や田野を参考に資料を
調査してすでに廃止された67の駅と路線と、駅の附属施設などをPOIに登録したのだ。

これらの場所を表示するのは容易ではなかった。例えば台北市の新生駅、樺山(華山)旅客
輸送駅などがあった場所は、とうに公園緑地の中に隠れて見えなくなっていた。

もっぱら日本の皇族が利用していた台湾鉄道のホテルも、すでに新光の摩天楼となっており、
僅かな遺跡の影さえなく、更に「廃線」となった鉄道の駅のレールも残しておく必要がないので
すでに撤去され消えていたのだ。

彰師大学歴史所の教授助手 顧雅文さんによれば、彼らはまず古地図と今の地図を比較、
更に鉄道局の文献資料も矯正の参考にしたという。「幸い日本人の地図はどれも非常に正確
に記されていました。」

大体の場所を探し出した後、更に学生らは現地まで手がかりを追うように赴き、そして位置
付けした設備の経度と緯度を小数点下位6まで正確に調べたのである。

その他にも簡単な文章で説明もいれている。例えば基隆市内の「暖暖駅」。

当時、地元の名士であった周鐘聲の寄付により建設され、開設時は切符販売係の臨時駅
として建設されたのだが石炭採掘に伴い人口は瞬く間に増加し、正式な駅として発展した。
しかし炭鉱での採取が落ち込むと次第に人口も流失し、駅は没落したのである。

学生が探し出した1934年の《台湾日日新報》には、列車が駅に止まらずそのまま通過して
しまう事が頻発していたと住民の抗議もあったようで、ごく短い数とはいえ「暖暖」の盛衰を
描き出している。

他にも、中華民国鉄道協会、台湾の警官協会の定期刊行物や各県市の地方誌を参考にし
1938年の鉄道沿線の写真を抜き出して、現代の旅客ルートを通る際に、携帯電話を通じ
「古今の対比」を見ることもできる。

更に面白いのは、1923年日本の裕仁皇太子(後の昭和天皇)が台湾を巡視したルートを、
GISシステムで表したことで、当時と同じように西部に沿って鉄道を縦に貫くように南下し、
各地の行政機関、学校、工場、温泉、神社などへ漏らすことなく行けることだ。

ルートに従って、日本統治時の台湾の景像を心ゆくまで眺めながら歩くのもいいだろう。

中時電子報(中国繁体字)

























>幸い日本人の地図はどれも非常に正確に記されていました。

<丶`Д´> <ウリナラには呪いの杭を埋め込んでいったニダ。


posted by クリケン at 18:09| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国 「パクリこそ中国文化!」 〜正規品を買うのは「バカ」だけ

2009年10月16日、ブログ「香港メディア直行便」はエントリー「パクリ大国のメインカルチャー」を
掲載した。以下はその抄訳。

山寨(パクリ)は中国古来より伝わる文化、書や中国画を模倣する専門の学問もあったほどだ。
昨年から「山寨」という言葉が流行しているが、最近では一般人がテレビ局に対抗して作った
旧正月番組「山寨版春節聯歓晩会」も登場するなどプラスの意味で使われることも多い。

海外ブランドをパクった山寨製品は中国にあふれかえっているが、それにも理由があるという。
税関で働くある友人によると、世界的ブランドの手袋は通関時の価格は1000元(約1万3300円)
程度。それが店頭に並ぶと数十倍の値段となる。世界的ブランドといっても今やその半数は
中国製。自分で作って売ればいいと考えるのも当然だ。

学生時代、ある留学生と知り合いになったが、「こんなに出来がいいパクリ製品がある」と大喜び。
山のように買い込んでいた。外国人がパクリ製品を買わないのは売ってないためか、あるいは
パクリ技術が低すぎるためだろう。

また素直に正規品を買っているのは「バカ」なアジアの中産階層だけだろう。「ある著名ブランドの
売り上げのうち70%はアジアでのもの。残る30%は海外旅行にでかけたアジア人が買ったもの」
というジョークもあるほどだ。

もちろんデザインと文化は尊重しなければならないが、模倣こそがその第一歩。模倣者たちよ、
自らのブランドに「パクリ」と名付けるべきだ。必ず大人気となるだろう。

レコードチャイナ
































中\
八´)∧_∧
  <丶`∀´>    宗主国だからって、ウリナラのパクり文化をパクりやがって。
_ (_つ/ ̄ ̄ ̄/_  頭の悪い土人のくせに生意気ニダ!
   \/     /
      ̄ ̄ ̄


∧ 
中\
八´)∧_∧
   <Д´ ; >
_ (_つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /
      ̄ ̄ ̄


=;;;))
−=≡⌒))
≡⌒);丿ノ
_____./ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /
      ̄ ̄ ̄



posted by クリケン at 18:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

「日本人は中国人より強い。強すぎる」 東京のロシア大使館車突入事件、中国サイトで妙な「日本礼賛」

東京でロシア大使館に車突っ込む、中国で妙な「日本礼賛」

  中国メディアは27日から28日にかけて、北方領土返還を求めて東京で26日夜、男がロシア大使館に
自働車での突入を試み逮捕された事件を伝えた。同記事に対する中国のウェブサイト書き込み欄では
反日的な書き込みが目立つが、日本人の「愛国主義」を称える意見も相当に多い。

  ニュースサイトの環球網が設けたコメント欄では、「中国を侵略した日本に、北方領土を返す必要はない」、
「日本は占領した琉球を返せ」などとする書き込みが目立つが、同様に多いのが日本の「愛国主義」を
評価する書き込みだ。

  これまでに、「中国人よりも愛国的ではないか」、「北方領土に対する日本人の態度を、
中国も考えてみるべき」、「日本人は中国人より強い。強すぎる」、
「日本とロシアの領土に対する態度を見よ。われわれは口だけだ。その差は大きい。
経済が成長して金持ちになっても、民族としての矜持(きょうじ)がない」などの意見が並んだ。
(編集担当:如月隼人)

サーチナ





























礼賛するなら、高麗棒子をほめろよ
                  ∧∧   
   ∧_∧          / 支 \ それだけはできないアル
  ( ´∀`)         (`ハ´ ) 
  (    つ         ( ~_((_~)  民族としての矜持アル


posted by クリケン at 17:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

大和ハウス、中国・大連で高層マンション 詳細計画など発表

大和ハウス工業は28日、中国・大連で開発予定の高層マンションや
商業施設の詳細計画を発表した。大連の高級住宅地に3〜54階建ての
マンションや商業施設を54棟建設する。マンションは2190戸で、
商業施設にはホテルや高級食品スーパーを誘致する。総投資額は約800億円。

敷地面積が15万6000平方メートルの大連医科大学の跡地に建設する。
大連では2件目のマンション開発になる。7月に着工し、
11年9月末から順次完成する予定。

54棟のうち、マンションは39棟。専有面積は57〜314平方メートルで、
価格は1200万〜9400万円強となる見通し。
中国の高所得者を対象に10年5月に発売する。(18:47)

日経新聞




























( `ハ´)小倭ハウスに改名するヨロシ


posted by クリケン at 17:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

“最も日本を愛した台湾人” 「高砂義勇兵」戦没者の記念碑再建に尽力、簡さんの葬儀しめやかに

台湾「高砂義勇兵」戦没者の記念碑再建に尽力し、先月28日に亡くなった簡福源(民族名タリ・
ワタン)さんの葬儀が昨日、台北県烏来(ウライ)郷でしめやかに行われた。生前の簡さんの口癖
は「自分が今日あるのは日本のおかげ」だった。親日家が多い台湾でも誰よりも日本を愛した簡
さんに感謝と哀悼の意をささげる一方、明日の日台関係を築くわれわれ戦後世代の責任の重さ
を痛感させられた一日だった。

簡さんは1931年6月30日、日本植民地時代の烏来郷の先住民(日本時代は高砂族と総称)
タイヤル族の部族長家に生まれた。日本名は「山田正太郎」、6歳から日本教育を受け、太平洋
戦争では少年志願兵として飛来する米軍機を監視した。

日本軍が組織した先住民部隊、高砂義勇兵(6千〜8千人)としてニューギニアで戦死した叔父の
あだ討ちをするつもりだった。学校と軍隊で日本精神をたたき込まれた。「日本精神は誠の精神。
当時の日本軍人はまっすぐで正しかった」(簡さん)

しかし敗戦で日本兵が一斉に日本に帰り、「なぜ僕らも帰らないのとおじいさんに聞くと、『内地の
人とは違う』と言われた」「ああ僕は日本人じゃなかったのか」と初めて実感した。簡さんはこの思
い出を語るたび涙ぐんだ。それほど日本人意識が強かった。

戦後、台湾を統治した蒋介石・国民党政権は徹底的な日本否定を行った。しかし簡さんは日本
教育をバネに台湾最年少の県議会議員に当選、烏来郷長を2期務めるなど地元の有力者とし
て活躍を続けた。日本の桜3千本を烏来に移植したり、九州の姉妹都市との交流などで日本を
20回以上訪れたりし、日台の民間交流に努めた。

だが簡さんの最大の苦難は晩年に突然やってきた。タイヤル族の長でおばの周麗梅さんを中心
に、92年に烏来に建立した高砂義勇兵記念碑が撤去の危機を迎えたのが発端だった。

記念碑の敷地を提供していた観光会社が2003年の新型肺炎(SARS)流行で倒産、翌年には
記念碑を移設せざるを得ない事態に追い込まれたためだ。

「周さんはすでに亡く、長男の邱克平(マカイ・リムイ)さんやおいの簡さんが対応に苦慮している」
との産経新聞報道を機に、日本から3千万円を超える義援金が寄せられた。

06年2月、この資金をもとに台北県から提供された県有地にやっと移設を終えると、今度は親中
国系紙、「中国時報」が県有地は「日本に占拠された」と報道。

連動するように新任の周錫●県長(国民党籍)が、日本の遺族団体などが寄贈した石碑(8基)を
「天皇称賛の誤った歴史認識が含まれている」として撤去、記念碑の碑文まで竹で囲って封印し
た。

「日本の皆さんになんとおわびしたらいいのか」。簡さんは事件後、現地を訪れた日本人関係者
にこう謝る一方、原状復帰を求める法廷闘争に全力を挙げた。そのかいあってこの3月24日、
台湾高等行政法院が台北県の撤去処分に対する撤回命令を出し、事件はようやく本格解決に
動き始めた。(=関連記事)

それから3カ月、簡さんは肩の荷をおろすように亡くなった。「3年間の心労が簡さんの健康を
大きく損なった」と語るのは法廷闘争を全面支援した黄智慧・中央研究院所員。誰よりも日本を
愛し日台交流に尽くした簡さんの後継者が双方から澎湃(ほうはい)と登場するよう願ってやま
ない。

●=王へんに韋

MSN産経ニュース


























台湾の親日派老人の中に、「日本は良い統治をした。
朝鮮でも同様の統治をしただろうに、どうして韓国は
日本の統治を悪し様に言うのか」と言う人がいる。

しかしこれは、物事の多面性を理解しない偏った
意見と言わざるを得ない。

たとえ話を挙げよう。
盗賊や強姦魔のはびこる、すさみきった町があるとする。

そこへ警官隊がやってきて、厳しく取り締まりをし、
町に秩序と平和を取り戻した。
町に住む良民は警官隊を歓迎した。


しかし、ちょっと待って欲しい。


盗賊や強姦魔にとって、警官隊はどう映っただろうか?



posted by クリケン at 17:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

中国の新聞が載せた怪しい投書…「ウイグル偏向WSJ購読しない」→中国当局の自作自演では、中国ではWSJ定期購読など無理

 中国新疆ウイグル自治区での暴動発生後、中国の国内メディアは連日、「暴動は分離勢力による
計画的な陰謀」と繰り返し主張し、中国当局の対応の正当性を宣伝している。一方で、当局を非難
した在外ウイグル人組織の主張を伝える外国メディアに、「ウソつき」「中国への敵意に基づく報道」などと
徹底批判している。

 ネットなどで話題となっているのが、中国共産党の機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」が最近掲載
した、「私が2度と(米紙)ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を読まない理由」と題する投書。北京
在住でWSJ紙を10年以上購読しているという筆者は最近、同紙のウイグル暴動に対する「無知と偏向
に満ちた報道」に「我慢ならなくなり、ついに解約した」そうだ。さらに、ウイグル人に同情的な同紙を「もはや
テロリストの代言者となった」と切り捨て、「私はWSJを購読するすべての中国人に『もうドルの無駄遣いを
やめよう』と言いたい」と訴えている。

 投書は地方紙にも転載され、「中国人読者の素直な気持ちを代弁している」として大々的に紹介
されている。しかし、投書は読者が寄せたものではなく、当局によるやらせではないかとの疑惑がネットで
浮上している。厳しい情報統制が敷かれている中国では、一般市民がWSJ紙を10年間も購読する
ことはまず不可能で、中国では同紙のホームページすら開けない。普通の中国人は同紙の「無知と偏向
に満ちた報道」を知るよしもないのが実態だ。

 昨年3月のチベット騒乱の際にも、欧米メディアの“誤報”を批判する北京市民が自主的に立ち上げた
とされるウェブサイト「アンチCNN」が話題となった。「情報収集能力があまりにも高すぎる」として外国
メディアの間では、「半官製サイトではないか」と疑問視された。

MSN産経ニュース






























(-@∀@) 当社が開発した手法に読者投稿欄を使うってのが・・

(; `ハ´) ・・・あれはお前達が書いてるアルカ?
       まぁいいアル、やってみるアル。

>中国では同紙のホームページすら開けない

(; `ハ´) 愚民どもに見られなくしてあったことを忘れてたアル・・

(-@∀@) 言わないこっちゃない。
       コツがありましてね、無知で無力な一般市民を装って・・

(# `ハ´) ・・・・もう黙るアル


posted by クリケン at 16:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。